PR

 ペンタックス(HOYA)は2010年9月9日、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-r」を10月中旬に発売すると発表した。これは、エントリーモデルの「PENTAX K-x」の“兄貴分”という位置付け。標準の本体カラーはブラック、ピンク、ホワイトの3色。実勢価格は、ボディー単体が約7万5000円。レンズ「smc PENTAX-DA L18-55mm F3.5-5.6AL」が付属するレンズキットは約8万円、2本のレンズ「smc PENTAX-DA L18-55mm F3.5-5.6AL」と「smc PENTAX-DA L55-300mm F4-5.8ED」が付属するダブルズームキットは約10万円だ。

 撮像素子は、APS-Cサイズの1240万画素CMOSセンサーを採用し、「K-x」と比べて高速な読み出しが可能になっている。画像処理エンジンには「PRIME II」を搭載。これは、同社のハイエンド機種である「PENTAX 645D」で使用されているタイプだ。ISO感度は200~12800を常用でき、拡張設定時には100~25600まで設定できる。連写は約6コマ/秒で、エントリー機としてはかなり高スペックな一眼レフデジカメといえる。モニターには、3.0型高精細液晶を採用している。

 ユニークなのは、高速赤外線通信(IrSimple/IrSS)機能を搭載している点。同機能を搭載した携帯電話などに、撮影した画像をワイヤレスで送信できる。K-r同士でも画像交換は可能で、さらに、画像に添付されているExif情報を使った簡単な対戦ゲームもできる。バッテリーは、2種類に対応。付属のリチウムイオン充電池に加え、単三形電池ホルダー(別売、3500円)を使えば、単三形電池でも使用できる。

 ペンタックスで発売したデジタル一眼レフカメラの中で最も販売台数が多かったという「K-x」(2009年発売)に引き続き、オーダーカラー受注サービスを実施する。ボディーは12色、グリップは10色から選択可能で、120種類の組み合わせから選べる。別売の交換レンズ「smc PENTAX-DA 35mmF2.4AL」も12種類のカラーバリエーションが用意されている。

 なお、コンパクトデジタルカメラ3機種も同時に発表した。「Optio RZ10」は光学10倍ズームレンズを搭載。実勢価格は約2万5000円で、10月上旬の発売を予定している。“着せ替え可能”な「Optio RS1000」は、実勢価格が約1万8000円で、10月中旬に発売予定。ボディー前面のパネルと本体の間に、付属の着せ替え用シートをはじめ、自分で撮影した写真や手書きのイラストなどを装着できる。「Optio NB1000」は、機能は「RS1000」と全く同じ。前面パネルに「ナノブロック」という河田が制作する小型の玩具用ブロックを装着して、自由に立体的なデザインを楽しめるというコラボレーションモデルだ。実勢価格は約2万円。