PR

 バッファローは2010年9月10日、モバイルルーター「ポータブルWi-Fi DWR-PG」の一部製品にウイルスが混入していることが分かったと発表した。同社がOEM(相手先ブランドによる生産)供給しNTT東日本がレンタル提供している「光ポータブル PWR-100D」「同 PWR-100F」にも同様の問題がある。

 ユーザーがモバイルルーター各製品をUSBケーブル経由でパソコンに接続した場合に、複数のウイルスがパソコンに感染する可能性がある。パソコンが感染すると、パソコン内に保存してある一部オンラインゲームのアカウント情報が流出する恐れがある。無線LAN経由や有線LAN経由でパソコンと接続した場合は、仮にモバイルルーターにウイルスが混入していても、パソコンにウイルスが感染することはない。

 NTT東日本提供分では、「8月3日~9月10日出荷分のうち約2000台に混入の疑いがあり、このうち実際に混入している台数は約160台と推定している」(NTT東日本広報室)。バッファロー販売分については、9月13日12時時点では混入製品の台数を公開していない。

 ユーザーの手持ちの機器がウイルス混入の対象製品か否かは、バッファローまたはNTT東日本のWebサイトでシリアル番号を基に検索・確認できる。シリアル番号は、きょう体の裏ぶたを開け、バッテリーパックを外したところに記載してある。

 駆除方法は、(1)ウイルス混入の対象製品とパソコンをUSBケーブル経由で接続していた場合、ウイルス対策ソフトでパソコン内のウイルスを駆除する(2)ウイルス混入の対象製品で「初期化」コマンドを実行してモバイルルーター内部のウイルスを消去する。なお、(2)の初期化コマンドを実行するとインターネット接続に必要な設定情報も消えてしまうが、初期化前に設定情報をファイルとして保存しておき、初期化後に再度読み込むことが可能。

 今回のウイルス混入の原因は、バッファローが製造委託している工場の生産ラインで、抜き取り検査に使用しているパソコンの一部にウイルスが感染していたこと。抜き取り検査工程を通過したモバイルルーターのうち、ウイルスに感染したパソコンに接続された製品にウイルスが混入しているとみられる。なお、NTT東日本が混入台数を概算としているのは、「抜き取り検査工程を通過した製品までは特定できているが、どのパソコンで抜き取り検査したかまでは把握できていない」(NTT東日本広報室)ためとしている。