PR

 富士通は2010年9月29日、パソコン秋冬モデル7シリーズを一斉に発表した。主要な量販店モデルの概要は以下の通り。全製品にOffice Home and Business 2010が付属する。10月7日から発売する(LIFEBOOK LH520/3Bのみ11月11日発売)。

定番ノートが3D立体視に対応

「LIFEBOOK AH570/5BM」
「LIFEBOOK AH570/5BM」
[画像のクリックで拡大表示]

 15.6型液晶の定番ノート「LIFEBOOK AH」シリーズが、デザインを一新してフルモデルチェンジした。全6モデルから成る。

 「AH570/5BM」は、偏光方式の3D立体視に対応した液晶と、デジタル3波対応のテレビチューナーを搭載したモデル。液晶は、鮮明な高輝度タイプで、テレビ機能は「長時間10倍録画」機能に対応した。CPUはCore i5-560M(2.66GHz)、メモリーが4GB、HDDは750GB、ドライブはBD-REでOSはWindows 7 Home Premium 32ビット版(64ビット版に変更可)。本体色は黒のみ。実勢価格は約19万円。

 キーボードは、キーストロークが3mmと深めで押し心地にこだわった。テンキーは4列タイプで、「0」の横に「000」キーを配置し、けた数の多い数値を素早く入力できる。タッチパッドの横には、円形のスクロールパッドを配置。指先で円を描くようになぞると画面を上下にスクロールでき、Webサイトの閲覧などに重宝する。

 ディスプレイを自動的にオン/オフすることにより省電力を実現した点も本製品の特徴。人の顔を検出する同社独自の技術により、ディスプレイ上部に埋め込まれたWebカメラが人感センサーの役割を果たす。パソコンの前から人が離れると自動でディスプレイがオフになり、再びパソコンの前に戻ると瞬時にオンになる。前モデルで初めて搭載した、手の動きで映像や音楽を操作できる「ジェスチャーコントロール」機能も引き続き利用可能だ。

 売れ筋となる見込みの「AH700/5B」は、液晶が3D立体視に対応しておらず、テレビチューナーも非搭載。実勢価格は約18万円とAH570/5BMより約1万円安い。本体色は、黒、赤、白、青の4種類。このほかにCore i3搭載モデルなどがある。