PR


 ラネクシーは2010年9月29日、インテルプロセッサー内蔵のMacでMac OS XとWindowsを同時に使用できる仮想化ソフト「Parallels Desktop 6 for Mac」のダウンロード版を発売した。パッケージ版は10月29日に発売予定。

 「Parallels Desktop 6 for Mac」は、Mac上で仮想マシンを起動して、WindowsやLinuxなどのさまざまなOSをインストールし、実行できる。それにより、MacとWindowsを再起動せずに同時に使用できるほか、Mac以外のOS用ソフトもMac上で利用可能となる。最新版ではMacのSpotlight機能を利用し、Windowsのプログラムを検索できるほか、5.1chサラウンドに対応し、描画性能の機能が高くなった。Mac OS Xで使用できるキーボードのショートカットをWindowsアプリケーションで使用したり、WindowsアプリケーションにMac OS Xのペアレンタルコントロールを適用することも可能。iPhone/iPadユーザーは、App Storeで提供される「Parallels Mobile」(ユーティリティ、無料)をインストールすれば、iPhone/iPadからMac上で動作している仮想Windowsマシンへリモートアクセスできるようになる。

 インテルプロセッサーを内蔵するMac OS X 10.5.8以上、Mac OS X 10.6.3以上に対応する。ダウンロード版の価格は8500円で、特別優待版(6800円)、アップグレード版(5900円)も同じくダウンロード販売で用意する。また、パッケージ版は1万1500円で、特別優待版(7800円)もある。