PR

 日本ヒューレット・パッカードは2010年9月30日、秋冬商戦向けモデルを一斉に発表した。発売は同日から順次。直販サイトおよび量販店などの店頭で販売する。

 秋冬商戦モデルの目玉は、ハイエンドノートの新ブランドである「HP ENVY」シリーズ。ENVYの意味は「直訳すると“羨望(せんぼう)”。エンドユーザーがあこがれを抱くようなブランドに育てたいという希望を込めた」(パーソナルシステムズ事業統括コンシューマビジネス本部コンシューマ製品部部長の中原和洋氏)という。その第一弾となる「HP ENVY14 Beats Edition」(以下、ENVY14)では、「最近、若者層を中心にパソコンで音楽を楽しむ使い方が増えている」(中原氏)という点に注目。ノートパソコンでも高品質な音楽を楽しめるよう、迫力ある重低音やクリアで伸びのある高音の実現を目指した。ENVY14の製品化に当たっては、米国で著名なミュージシャンDr.Dre(ドクター・ドレー)にプロデュースを依頼。スピーカーの位置から音響によるきょう体の振動に至るまで緻密に計算して、音声の高品質化に努めたという。

 発表会では、音響の専門家である日本音響研究所の鈴木松美氏が登壇。ENVY14の音質について語り、「従来のノートパソコンだと音楽を聴くのはヘッドホン以外は考えられなかったが、ENVY14は音が非常に良くて驚いた」と高く評価した。

 ENVY14の基本仕様は以下の通り。ディスプレイは1366×768ドット表示の14.5型液晶、メモリーは4GB、ハードディスクは640GB。CPUは直販モデルがCore i7-720QM(1.6GHz)、店頭モデルがCore i5-460M(2.53 GHz)となる。直販価格は13万9650円から、店頭の実勢価格は約13万円。

 一方、ノート製品の主力となるのは直販専用モデル「HP Pavilion Notebook PC dv6」シリーズ。1366×768ドット表示の15.6型液晶を搭載する。新たに、きょう体の色に「シェルホワイト」と呼ぶ白色を選べるようにした。直販価格は、インテル製CPUを搭載した「同i」が6万9930円から、AMD製CPUを搭載した「同a」が5万9850円からとなる。

 直販専用のミニノート「HP Mini 210-2000」も投入する。ディスプレイは従来モデルと同じく10.1型のままだが、解像度が1024×600ドットから1366×768ドットに向上した。標準バッテリーも3セルタイプから6セルタイプに変更。バッテリー駆動が4.25時間から10時間に伸びた。CPUはAtom N550(1.5GHz)。重さは1.38kg。直販価格は4万9980円から。

 デスクトップでは、直販向けに低価格な液晶一体型「HP Omni 100」を用意した。直販価格は5万9850円から。基本仕様は、CPUがAthlon II X2 270u(2GHz)、メモリー容量が4GB、HDD容量が320GB、ディスプレイが1600×900ドット表示の20型液晶となる。