PR

 アーク情報システムは2010年10月1日、パソコンの環境を別のハードディスクやSSDに丸ごとコピーするソフトの新版「HD革命/CopyDrive Ver.4」を発表した。10月15日に発売する。価格は通常版が4980円。ダウンロード版が3486円。

 HD革命/CopyDrive Ver.4は、「どこでも起動」機能を新たに搭載した。この機能は、コピー元のパソコンのデータをコピー先のハードディスク/SSDにコピーする際、インテル、AMD、エヌビディアのチップセットのドライバーを自動でダウンロードし、保存する。別のパソコンにこれらのハードディスクやSSDを取り付け、HD革命/CopyDrive Ver.4の製品CDから起動すると、環境修復ツールが実行され、取り付け先のパソコンに適したドライバーを自動でインストールする。従来、コピーしたハードディスクを別のパソコンに取り付けると、取り付け先のパソコンのドライバーがなく、起動しないことがあった。今回、どこでも起動を搭載したことで、このようなトラブルを回避することができるという。

 このほか、コピー時にコピー先のハードディスク/SSDのパーティションサイズを変更する機能や、コピーしたいパーティションを選んでコピーする機能、HD革命/CopyDrive Ver.4をCDから起動したときにも全セクターをコピーする機能などを追加した。

 通常版、ダウンロード版のほか、乗り換えアップグレード版(価格は4233円)、アカデミック版(同3486円)も用意する。また、HD革命/CopyDrive Ver.4にパーティションソフトが付属した「HD革命/CopyDrive Ver.4 with Partition EX」(通常版で6300円)、CD起動のみに対応した「同 CD起動版」(通常版のみ3980円)もある。