PR

 OKIデータは2010年10月1日、LED方式のA4カラー複合機2機種、A3モノクロプリンター2機種を発表した。いずれも5年間の無償保証が付く「COREFIDO(コアフィード)」ブランドの製品だ。A4カラー複合機「MC561dn」「MC361dn」は高さ444mmを実現したのが特徴。同社による調べでは両面印刷が可能なA4カラーLED/レーザー複合機において世界最薄となるという。価格はMC561dnが13万1040円、MC361dnが11万8440円。A3モノクロページプリンターの「B840dn」「B820dn」は約120万ページ、5年間の印刷に耐える装置寿命などが特徴。価格はB840dnが14万1540円、B820dnが9万9540円。出荷はいずれも10月上旬。

 同社はCOREFIDOブランドでこれまでにA3カラー複合機、A3カラープリンター、A4カラープリンター、A4モノクロプリンターを出荷している。今回のA4カラー複合機、A3モノクロプリンターが登場したことで全ラインアップが出そろうことになる。同社の杉本晴重社長は「中小企業から大企業・官公庁まで、すべてのビジネス現場のニーズに応える環境が整った」と語った。

 A4カラー複合機のMC561dnの印刷速度は、カラー26ページ/分、モノクロ30ページ/分。両面印刷ではカラー14ページ/分、モノクロ16ページ/分となる。印刷解像度は600×1200dpiで、スキャナーの読み取り解像度は1200×1200dpiだ。印刷コストはカラーが12.2円、モノクロは3円。プリンターの装置寿命は5年間または約42万ページ。外形寸法は幅427×奥行き509×高さ444mm、重さは29kg。

 同じくA4カラー複合機のMC361dnの印刷速度は、カラー22ページ/分、モノクロ24ページ/分。両面印刷ではカラー12ページ/分、モノクロ13ページ/分となる。印刷解像度、スキャナーの読み取り解像度はMC561dnと同じで、それぞれ600×1200dpi、1200×1200dpiだ。印刷コストはカラーが13.6円、モノクロは3.1円。プリンターの装置寿命は5年間または約30万ページ。外形寸法、重さはMC561dnと同じで、幅427×奥行き509×高さ444mm、29kg。

 A3モノクロプリンターB840dnの印刷速度は40ページ/分、両面印刷では30ページ/分となる(いずれもA4の場合)。印刷解像度は1200×1200dpiだ。印刷コストは3.4円。プリンターの装置寿命は5年間または約120万ページ。外形寸法は幅485×奥行き521×高さ373mm、重さは26kg。

 A3モノクロプリンターB820dnの印刷速度は35ページ/分、両面印刷では30ページ/分となる(いずれもA4の場合)。印刷解像度は600×2400dpiだ。印刷コストは3.4円。プリンターの装置寿命は5年間または約120万ページ。外形寸法は幅485×奥行き450×高さ373mm、重さは22kg。