PR

 かつて「夢」として語られていたことが、いまや「普通のPC」でも実現できる。インターネットで高品質な動画をみたり、画面に触れることでPCを操作できたり。

 夢を手に入れた我々は、次にどんな道へ進むのだろうか。PCは常に進化している。新しい使い方、これからの生活に便利な機能とはどのようなものなのだろうか。

 その答えを、CEATECのステージで、フリーランスジャーナリストの本田雅一氏が語る。PCや通信、AVなど幅広いジャンルで活躍する本田氏が、自らの経験、取材をもとに、これからのPCの使い道を紹介する。

 使い道を考えるヒントとして、2つの実演することが緊急に決まった。そのひとつは、何も触れずに身振りだけでコンピューターを操作する新次元インターフェース、カナダGestureTekの「ScreenXtreme」と「AirPoint」のデモンストレーション。もうひとつは、DLNA1.5を使った、ホームネットワークの近未来だ。

 本田氏の講演スケジュールは以下の通り。

《夢が現実に 快適な暮らしはパソコンとともに》
→ 2010年10月8日(金) 16:00~17:00(事前登録制)
→ 幕張メッセ国際会議場 コンベンションホールB
http://www.ceatec.com/2010/ja/conference/lecture_detail.html?lectue_id=0K16B