PR

 シャープとカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)は2010年10月5日、コンテンツ配信プラットフォーム「GALAPAGOS」(ガラパゴス)のコンテンツ事業で業務提携したと発表した。対応電子書籍リーダー向けのエンターテイメントコンテンツ配信ストアを12月に共同で開設する。

 コンテンツストアの名称は「TSUTAYA GALAPAGOS」(ツタヤ ガラパゴス)。シャープが9月27日に発表したGALAPAGOS電子書籍配布サービスを拡大・発展させ、CCCのエンターテインメントコンテンツ配信サービスを統合する。両社は運営のための合弁会社を11月に設立する。

 サービスは、既に発表している新聞や雑誌、書籍など約3万冊の電子書籍配信サービスを第1弾として12月に開始。さらに、映画や音楽、ゲームなどのエンターテインメントコンテンツを来春をめどに開始する。また、広告サービスも提供する計画だ。

 会員管理システムには、CCCが管理・運営する「Tポイントサービス」「TログインID」を導入し、マーケティングに活用。将来的には、読書の途中に関連動画をストアから探して閲覧するなど、ジャンルの枠を超えたマルチエンターテインメントサービスにすることも検討する。また、スマートフォンなど電子書籍リーダー以外へのコンテンツ配信も視野に入れている。

 合弁会社の名称、資本金などは未定。出資比率はシャープが49%、CCCが51%となる予定。

  • シャープが電子書籍の新サービスを年内に開始
  • シャープのWebサイト
  • カルチュア・コンビニエンス・クラブのWebサイト