PR

 CEATEC JAPAN 2010の次世代コンピューティングパビリオンで、パナソニックはモバイルノートパソコン「Let's note」の個人・法人向けモデルを展示している。最大の目玉は10月15日に発売予定の最新モデルで、10.1型液晶の「Let's note J9」シリーズだ。

 Let's note J9は、標準電圧版のCPU(Core i3/Core i5)を搭載する注目の新商品だ。朝10時にパビリオンがオープンすると、間もなく多くの来訪者が展示ブースに足を止めた。

 また、きょう体を保護する専用ジャケットを付属する点でも話題になっている。標準モデル向けのオリジナルジャケットのほか、パナソニックの直販サイト「 マイレッツ倶楽部」のカスタマイズモデル向けで、ファッションブランド「SAZABY」とのコラボレーションによる本革製ジャケットも展示している。女性ユーザーもターゲットにするLet's note J9らしく、どのジャケットもスタイリッシュなのが特徴だ。

 Let's note J9以外にも、人気の12.1型「Let's note S9」シリーズや、工事現場などでの使用を想定した頑丈なノートパソコン「タフブック」シリーズも紹介。特にタフブックは、量販店等の店頭にはディスプレイされておらず、個人ユーザーにとって直に触れられる貴重なチャンスだ。