PR

 ヤマハは、厚さ1.5mmで軽量のフレキシブルスピーカー「TFL-SP」と音響データ通信技術の「インフォサウンド」などを、2010年10月5~9日に開催されている「CEATEC JAPAN 2010」で披露した(写真1)。同社は、TFL-SPとインフォサウンドを組み合わせた情報提供サービス「サウンドサイネージ」の概念を提案している。

 TFL-SPは、薄型・軽量の特性がある静電スピーカー。形状を自由にでき、紙のように巻いて持ち運ぶこともできる。また、全体を包んでいる布などのケーシング材に、自由に印刷できる。ブースでは、クリプトン・フューチャー・メディアが発売した歌声合成ソフト「初音ミク」(写真2)などのキャラクターを印刷して展示。騒がしい会場の中でも、スピーカーの正面に立てば、多少離れた場所からも音が聞こえていた。ただ、正面からずれると音が聞こえなくなる。TFL-SPは、音を正面に直進させるという特性があるためだ(写真3)。

 同社が開発した音響データ通信技術のインフォサウンドは、デジタル情報を音響信号にして伝送する技術。人間にはほとんど聞こえないが、通常のスピーカーで再生できる可聴帯域内の高域(約18kHz以上)を利用すると、10m以上の領域にデータを伝送できる。具体的には、スピーカーで「音響ID」と呼ばれるデジタル情報を流し、携帯端末のマイクに受信させる。携帯端末はサーバーと通信し、受信した音響IDをURL情報に変換する。看板やポスターから店舗の音響IDを配布したり、テレビから音響IDを流して番組連携サービスを利用させるなどの使用方法を検討している。

 同社はこのように、TFL-SPとインフォサウンドを組み合わせた情報提供サービス「サウンドサイネージ」の概念を提案。CEATEC JAPAN 2010の会場では、キャラクターを印刷したTFL-SPを数種類展示しており、そこから発信される音響IDを、専用ソフトがインストールされたiPhoneで受信するイベント「サウンドスタンプラリー」を開催している。音響IDを受信すると、iPhone画面上にキャラクター画像の“スタンプ”を集められる。