PR

 米ニールセンが実施したモバイルアプリ利用調査によると、米国のスマートフォン所有者が2010年8月の1カ月間にダウンロードした平均アプリ数は27個で、昨年12月調査の22個から2割以上増加していた。スマートフォンの主要OS(アップルiOS、Android、BlackBerry)別では、iPhone所有者のダウンロード数が最も多く平均40個。また、Android所有者は25個、BlackBerry所有者は14個だった。ニールセン・カンパニー合同会社が10月6日発表した。

 ニールセンが顧客向けに提供している調査レポート「Nielsen Mobile Apps Playbook」の最新版によるもの。北米に居住する携帯電話利用者で、「過去30日間に携帯アプリをダウンロード」した4000人以上の回答を集計した。

 いずれのOSでも「Facebook」「Weather Channel」「Google Maps」アプリが人気の上位。Android端末とWindows Mobile端末で「YouTube」が人気なのに対し、iPhoneやBlackBerryでは上位5位に入らないなど端末による違いもあった。

 ダウンロードしたアプリのカテゴリーをスマートフォンとフューチャーフォン(多機能携帯電話)別に集計して最も多かったのは、「ゲーム」(スマートフォン61%、フューチャーフォン52%)。以下、「天気」(同55%、同39%)、「地図・ナビ検索」(同50%、同30%)、「ソーシャルネットワーク」(同49%、同32%)、「音楽」(同42%、同36%)の順だった。