PR

 10月5日から始まった「CEATEC JAPAN 2010」で、「最新パソコンをもっとも安く買う方法」と題したパソコン購入セミナーが開かれた。会場には、立ち見客を含め、約300人が集まるほどの盛況ぶり。

 講師を務めたのは、日経PC21やPC Onlineの連載コラム「パソコン買うか買わぬか思案中」「Macを仕事に徹底活用」などでお馴染みのビジネス書作家、戸田覚氏。毎年300機種以上のパソコンを実際に触って評価し、歯に衣着せぬ辛口の評論で知られている。戸田氏は、「雑誌やウェブでは書けない、製品選択と購入の秘訣もセミナーでは紹介します」と言うだけあって、お得情報を次々と紹介した。

 今回のセミナーは、「A4ノートパソコン」「モバイルノートパソコン」「テレビパソコン」の3部構成。各ジャンルごとに、最新パソコン購入時のポイントや、注意点をズバリ解説。失敗せずに、賢く選んで安く買う方法が紹介された。

 第1部では、A4ノートパソコンの買い方を紹介。実機を見せながら、高いノートと安いノートの決定的な違いについて解説したほか、「型落ち製品を買っていのか?」「ブルーレイドライブは必要なのか?」など、購入時の素朴な疑問を一刀両断。パソコンの価格推移の紹介や、購入ポイントを紹介した。

 第2部では、モバイルノートパソコンの買い方を徹底分析。「小型ゆえにドライブや液晶サイズ、CPUなどの制約が多い」というモバイルパソコンを快適に使うためのポイントを、起動時間の比較実験などを交えながら解説した。さらに、「ネットブックではいけないのか?」「データ通信は必要か?」など、モバイルならではの疑問に対しても、独自の視点で率直な意見を語った。

 第3部では、来年の地上アナログ放送停止を控えて、特に注目を集めているテレビパソコンの買い方を指南。テレパソは「この5~6年で最も価格が下がっているジャンル」で、高根の花だったテレパソが手に入りやすくなった今、購入時はどんな点に注意すればいいのかについて熱弁を振るった。

 このほか、実際に家電量販店で購入する際に知っておくと得する情報も紹介した。最も安く買える曜日や時間から店員の選び方まで詳しく解説。セミナーの最後には、受講者が直接戸田氏に疑問をぶつけられる、質問コーナーも開催した。

 このセミナーは、10月7日も14時、15時、16時に開催される。最新パソコンの購入を検討している人は、戸田氏に直接質問できる絶好の機会だ。会場は、ホール2の「次世代コンピューティングパビリオン」にある「ソリューションシアター」。詳細は、次世代コンピューティングパビリオンの特設サイトをご覧いただきたい。