PR

 当サイト「PC Online」の大人気コラム「美人研究員は見た! ビジネスメール事件簿」。美人研究員としておなじみのアイ・コミュニケーション 直井章子氏が2010年10月7日、幕張メッセで開催中の展示会「CEATEC JAPAN 2010」に登場した。コラムで題材になった「大容量添付女子」「いい歳なのに音符ちゃん」などのテーマを取り上げ、同氏が見聞きした体験談を交えながらトークを展開。さらに、同コラムが書籍化されることも明かした。

 直井氏によれば、コラムで取り上げている話題の8割は実話という。「所長の平野と私が、例えばビールを飲みながらメールについてあれこれ話しているような内容を題材にしている」(直井氏)。講演ではそんな話題の中から、特に人気の高かったいくつかのテーマを取り上げた。

 例えば、他人に転送するつもりが誤って本人に返信してしまったメール。なんと本文には、「この方のメールは素っ気ないですがお会いするととってもいい人です」という1文が含まれていた。実はこれ、直井氏が耳にした実話を基にしている。「すぐに相手に電話してお詫びをしたら、許してもらえた。この場合は“メールは素っ気ないが会えばいい人”という表現だったのでまだましだったが、“会えばいい人だがメールは素っ気ない”だったら許してもらえなかったかもしれない」と、操作ミスの怖さを訴えた。

 次は、署名の部分に「♪」がちりばめられたメール。明るい印象は与えられるかもしれないが、お詫びのメールなどには不適切だ。♪マークによって組織のブランディングが崩れてしまうケースもあるという。

 会場には多数のビジネスパーソンが集まり、時折うなずきながら直井氏の講演に聞き入る姿が見られた。注意すべきポイントが解説された場面では、ノートを取り出してメモを取る参加者もいた。

 講演の最後には、同コラムの書籍が11月に発売予定であることを発表。PC Onlineに掲載した内容はもちろん、書籍だけの特別コンテンツも含まれるという。