PR

 BSLシステム研究所は2010年10月15日、複式簿記方式に対応する「会計らくだ 5」を発売する。同社では簡易簿記方式に対応した「出納らくだ」を販売しているが、その上位版に当たる製品。複式簿記形式に対応する会計ソフトを販売するのは同社として初めてのことだ。

 会計らくだ 5は、日々の仕訳を記帳していく、複式簿記方式に対応する。主に中小企業をターゲットにしていて、経営判断に必要な貸借対照表や損益計算書を作成する機能を備える。ただし、決算に必要な機能は備えていない。「中小企業の9割は自社で決算せず、社外に依頼している」(BSLシステム研究所)というのがその理由。その分、データをエクスポートする機能を備えており、出力したデータを会計事務所などに渡せば、そこで利用している会計ソフトで取り込んで決算することが可能だ。

 価格は2万1000円。このほか、法改正などに伴なうプログラムの変更などの保守を年間1万2600円で提供する。操作方法などのサポートは無料で提供する。

 同時に、「出納らくだ 5」も販売する。従来の「出納らくだプロ 4」の新版に当たる。新たに、売掛帳と買掛帳の機能を加えた。価格は9800円。