PR

 2010年10月11日、NVIDIAは低価格機向けの新型グラフィックスチップ「GeForce GT 430」を発表した。DirectX 11に対応した製品で、既存のDirectX 10.1対応チップ「GeForce GT 220」の置き換えとなる。12日には、ボードメーカー各社が7000~9000円で搭載ボードを発売した。日経WinPC編集部はGeForce GT 430を搭載したボードを2製品入手。性能と消費電力を検証した(関連記事:NVIDIA、低価格PC向けの「GeForce GT 430」を発表)。

 GeForce GT 430は、同社の「Fermiアーキテクチャー」に基づく製品。ミドルクラスの「GeForce GTX 460」の設計を踏襲している。Fermiアーキテクチャーで演算回路の単位となる「Graphics Processing Clusters(GPC)」は、GTX 460とGT 430の中間の「GeForce GTS 450」と同じ1個。ただ、GTS 450が演算機構の集合体である「Streaming Multiprocessors(SM)」をGPC内に4個備えるのに対し、GT 430は2個に削減されている。シェーダー(NVIDIAの呼び名はCUDAコア)の数は96個と、GeForce 400シリーズの中では最も少ない。主な仕様は以下にまとめた。

●GeForce GTX 460、GTS 450、GT 430の主な仕様
※1…Graphics Processing Clusters、※2…Streaming Multiprocessors
チップ名称GTX 460GTS 450GT 430
GPC(※1)2個1個1個
SM(※2)7個4個2個
シェーダー(CUDAコア)数336個192個96個
テクスチャーユニット数56個32個16個
ROPユニット数32個16個4個
コア動作周波数675MHz783MHz700MHz
シェーダー動作周波数1.35GHz1.566GHz1.4GHz
メモリー 動作周波数3.6GHz3.608GHz1.6G~1.8GHz
メモリー 容量GDDR5 768MB、1024MBGDDR5 1024MBGDDR5/DDR3 1GB
メモリー バス幅192ビット(1024MBは256ビット)128ビット128ビット
メモリー 転送速度86.4GB/秒(1024MBは115.2GB/秒)57.7GB/秒最大28.8GB/秒
製造プロセス40nm40nm40nm
消費電力(最大、ボード)150W(1024MBは160W)106W49W
電源ユニットの推奨出力450W400W300W

 演算性能が抑えられていることもあり、補助電源は不要でボードはコンパクト。ロープロファイル対応品や、ファンレスモデルなど、多様な製品が発売になった。今回は、ASUSTeK Computerの「ENGT430/DI/1GD3(LP)」(実勢価格は9500円)と、ZOTAC Internationalの「GeForce GT430 1GB DDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Edition(ZT-40601-20L)」(同9000円)をテストに使用した。

 ENGT430/DI/1GD3(LP)は、耐久性の高さを売りの一つにした、ロープロファイル対応の製品。ファンを防塵タイプにしたほか、電源回路を構成している部品に一般的なグラフィックスボードで使用しているタイプよりも品質の高い製品を採用した。グラフィックスメモリーはDDR3 1GB。動作周波数はコアが700MHz、メモリーが1.6GHzだ。

ASUSTeK Computerの「ENGT430/DI/1GD3(LP)」。防塵タイプのファンを搭載する。
ASUSTeK Computerの「ENGT430/DI/1GD3(LP)」。防塵タイプのファンを搭載する。
[画像のクリックで拡大表示]

電源回路部分に品質の高い部品を採用し、耐久性を高めた点を売りにしている。
電源回路部分に品質の高い部品を採用し、耐久性を高めた点を売りにしている。
[画像のクリックで拡大表示]

端子はHDMI、DVI-I、ミニD-Sub15ピン(アナログRGB)が各1系統。ヒートシンクがブラケットよりやや上に出ている。
端子はHDMI、DVI-I、ミニD-Sub15ピン(アナログRGB)が各1系統。ヒートシンクがブラケットよりやや上に出ている。
[画像のクリックで拡大表示]

情報表示ソフト「GPU-Z 0.4.6」でASUS製品の詳細を調べた。「GPU」欄にある「GF108」は、GeForce GT 430の開発コード名だ。
情報表示ソフト「GPU-Z 0.4.6」でASUS製品の詳細を調べた。「GPU」欄にある「GF108」は、GeForce GT 430の開発コード名だ。

 GeForce GT430 1GB DDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Editionは、大型ヒートシンクを採用してファンレスにしたモデル。メモリーはDDR3 1GBで、動作周波数はコアが700MHz、メモリーが1.6GHz。

ZOTAC Internationalの「GeForce GT430 1GB DDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Edition(ZT-40601-20L)」。大型のヒートシンクを搭載したファンレスモデル。
ZOTAC Internationalの「GeForce GT430 1GB DDR3 PCIE 2slot heatsink Zone Edition(ZT-40601-20L)」。大型のヒートシンクを搭載したファンレスモデル。
[画像のクリックで拡大表示]

HDMIとDisplayPort、DVI-Iを1系統ずつ備える。ヒートシンクはボード上部(写真左側)にはみ出ている。
HDMIとDisplayPort、DVI-Iを1系統ずつ備える。ヒートシンクはボード上部(写真左側)にはみ出ている。
[画像のクリックで拡大表示]