PR

 米IDCが現地時間2010年10月13日に発表した世界パソコン市場に関する調査結果によると、同年第3四半期(7~9月)の世界パソコン出荷台数は 8968万3000台となり、前年同期に比べ11%増加した。この伸び率は事前予測値を約3%下回る。消費が低迷したことで新学期シーズンの販売が振るわなかったものの、9月に各国で法人需要の回復が続いたことから、いくらか持ち直した。

 第3四半期は、米Hewlett-Packard(HP)が出荷台数で首位を維持した(表1)。シェアは17.6%。HPの米国における出荷台数は、前年同期に比べ2.7%増えたが、世界市場では同0.1%減少した。

表1●2010年第3四半期における世界パソコン出荷台数とシェア(速報値)

順位ベンダー名2010年Q32009年Q3伸び率
出荷台数シェア出荷台数シェア
1HP1576万600017.6%1579万900019.6%-0.1%
2Acer1164万800013.0%1088万500013.5%7.0%
3Dell1113万600012.4%1015万400012.6%9.7%
4Lenovo921万300010.3%693万10008.6%32.9%
5ASUS479万30005.3%367万40004.5%30.5%
6東芝465万90005.2%406万60005.0%14.6%
その他324万5600036.2%292万8400036.2%10.8%
合計8968万3000100.0%8079万3000100.0%11.0%
出所:IDC

 2位は台湾Acerでシェアは13%。出荷台数の伸び率は7.0%と世界市場の平均を下回った。Acerは米国や日本市場では振るわなかったが新興国市場で急伸している。3位にはシェア12.4%で米Dellが入る。同社は新興国市場の法人需要に支えられている。

 市場は成長を続けており、ほぼすべての地域で伸びている。とりわけ日本市場は好調で、法人需要がけん引役となって出荷台数を押し上げた。一方で米国市場の前年同期比伸び率は3.8%にとどまり、第2四半期の伸び率11.7%を大きく下回っている。

 IDCによると、過去数四半期と同様の傾向でデスクトップ機が法人需要に支えらている一方、小型ノートをはじめとするノートパソコン全般が消費者需要の低迷を受けて伸び悩んでいる。

 そうした中、米Appleの市場全体に及ぼす影響が強まっている。その傾向は特に米国市場で強いという。「タブレット端末『iPad』が小型ノートの出荷台数減少の要因になっている。またiPad効果でAppleのパソコン『Mac』が伸びている」とIDCクライアント/ディスプレイ担当副社長のBob O'Donnell氏は述べる。

続きはITproで