PR

 台湾アスーステック・コンピューター(ASUS)は2010年10月14日、個人向けパソコンの冬モデル9機種を発表した。10月23日から順次発売する。

 会場では、今回来日した同社会長のジョニー・シー氏が登壇。冬モデルで注力したポイントの一つがデザインであると明かした。ジョニー・シー会長は「我々は技術系の会社だが、デザイン指向を積極的に取り入れてきた。今後も、デザインが革新をもたらす」と強調した。

 冬モデルを一覧すると、デザインに凝った製品が目立つ。例えばその一つが18.4型液晶ディスプレイを搭載する最上位ノート「NX90Jq」である。デザイナーのデヴィッド・ルイス氏が手掛けたきょう体は、鏡面加工を施したアルミニウム製の天板で、ディスプレイの左右に張り出す形で直径32mmのスピーカーを装備する。11Wのアンプと同社独自の音響技術「SonicMaster」の組み合わせで、より原音に近い音響を再現できるようにしたという。主な仕様は以下の通り。CPUはクアッドコア(4コア)のCore i7-740QM、メモリーは4GB、ハードディスク(HDD)は1TB、光学ドライブはブルーレイ(BD-RE)、グラフィックスは米エヌビディアのGeForce 335M。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。実勢価格は約21万円。

 もう一つの目玉が、音楽や動画再生を楽しむための15.6型AVノート「N53Jf」だ。グラフィックスは最新のGeForce GT 425Mで、フルHDの動画コンテンツや3Dゲームなどが楽しめる。主な仕様は以下の通り。CPUがCore i5-460M、メモリーは4GB、HDDは500GB、光学ドライブはBD-REでOSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。実勢価格は約13万円。

 13.3型液晶を搭載したノート「U33Jc」も目を引く一台。スモーキーブラウンのきょう体は、天板とパームレスト部に天然の竹素材を採用し、竹本来の感触が楽しめる。成長が早い竹を使うことで、石油を原料とするプラスチックの使用量を15%削減するなど環境にも配慮している。主な仕様は以下の通り。CPUはCore i5-460M、メモリーは2GB、HDDは320GB、グラフィックスはGeForce 310MでOSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。実勢価格は約11万円。

 このほか、スポーツカーであるランボルギーニのデザインを模した「Eee PC VX6」(約7万5000円)などネットブック3機種や、液晶一体型パソコン3機種(仕様および価格は未定)も用意した。