PR

 IDC Japanは2010年10月14日、国内家庭のパソコン利用実態調査の結果を発表した。iPadの影響に焦点を当てたもので、ユーザーのiPad利用目的は、「インターネット利用」と「電子書籍の購読」が各半数で拮抗(きっこう)していた。また「軽量さ」や「電子書籍の購読のしやすさ」を評価する人が多かった。

 2009年9月から2010年6月の間にパソコンを購入した家庭ユーザーを対象としたWeb調査で、有効回答者500人(うちiPad購入者は39人)。

 それによると、iPadの利用目的で「インターネット利用」と「電子書籍の購読」が各49%で同率。同社は、調査時点で電子書籍が十分に整備されていなかったことと、iPadの起動が速く手軽にインターネットにアクセスできることが、インターネット利用の割合を押し上げる要因になったとしている。

 iPadを評価する点では、「軽量さ」や「電子書籍の購読のしやすさ」が挙げられたが、「システム高速起動」は約9%にとどまった。パソコンに比べると速いiPadも、iPhoneなどの情報端末と比べると標準的で、ユーザーがiPadを、これらの製品の延長上にあるとみていることがうかがわれるという。

 また、iPadがパソコンの利用方法にどう影響するかについては、「iPadを2台目以降のパソコンのように位置付ける」がiPad購入者の3分の1を占めた。iPadが、これまで「2台目以降のパソコン」と考えられてきたネットブックに取って代わり、ネットブックの出荷数減が予想されるという。

 一方、パソコンにインストールされるOSについては、全回答者の約7割がWindowsを支持。とくに文書作成などを家庭で行う頻度の高い回答者や、デスクトップパソコンを利用する回答者でその傾向が強いという。