PR

 ソニーは2010年10月14日、AVCHD動画の再生に対応したモデルなどデジタルフォトフレーム「S-Frame」の新製品を発表した。「XR」「D」「E」シリーズの8機種を、2010年11月6日から順次発売する。7.0型から10.2型で、縦横の置き方を感知して表示を切り替えるセンサーや豊富なスライドショー機能を搭載する。価格はオープン。

 「XRシリーズ」は10.2型(有効液晶サイズ9.6型、解像度1024×600ドット)の「DPF-XR100」と8.0型(同7.6型、同800×480ドット)の「DPF-XR80」の2機種。同社の「ハンディカム」などに採用されているAVCHDフォーマットのフルハイビジョン動画ファイルの再生に対応。ほかにも、Motion JPEG、MPEG-1/4の動画再生やMP3、AACなどの音楽再生、JPEG、BMP、TIFF、RAWの静止画再生ができる。

 高コントラストの「TruBlackディスプレイ」液晶を搭載して黒の深みをより忠実に再現しながら、ガラス面へのコーティングで画面への映り込みを低減した。2GBのメモリーを内蔵し、メモリースティック、SDメモリーカード、xDピクチャーカード、コンパクトフラッシュのスロットとUSB端子を備える。予想実売価格はXR100が4万円前後、XR80が3万円前後。

 「Dシリーズ」には、バッテリーを内蔵した「DPF-D830」、カラーとデザインバリエーションの豊富な「DPF-D720」、シンプルなエントリーモデル「DPF-D710」がある。

 D830は、丸みを帯びたデザインの8.0型(有効液晶サイズ7.9型、解像度800×600ドット)モデルで、動画や静止画を約100分間再生できるバッテリーを内蔵。外出先などに持ち出せる。静止画のほかに、Motion JPEG動画とMP3音声の再生が可能。予想実売価格は2万円前後。

 D720とD710はいずれも7.0型(有効液晶サイズ6.3型、解像度800×480ドット)。フレーム色にレッドを追加したD720は予想実売価格1万3000円前後。「スワロフスキー・エレメント」を埋め込んだホワイトのD720(WI)は同1万6000円前後、ブラックのD720(BU)は同1万4000円前後。動画・音楽の再生機能を省いたD710は同1万1000円前後。

 「Eシリーズ」はフレーム着せ替えができる7.0型(有効液晶サイズ6.4型、解像度480×234ドット)の「DPF-E710」の1機種。ホワイト、パールピンク、ライムグリーンの3色のフレームを同こんする。予想実売価格は9000円前後。