PR


 イーフロンティアは2010年10月15日、楽譜作成ソフト「Finale」の最新版「Finale 2011」を発表した。発売予定日は11月26日。

 「Finale 2011」では、五線譜のレイアウト調整を簡略化したほか、歌詞入力の操作を一元管理する「歌詞ウィンドウ」などの新機能を備え、入力機能を大幅に向上。また、「Finale Percussion」「Finale Mallets」「Finale AlphaNotes」という3種類の補助フォントを追加している。
 ハイブリッド版で対応OSは、Mac OS X 10.4/10.5/10.6とWindows XP/ Vista /7。実勢価格は通常版が6万3000円、解説本付きが6万5000円、アカデミック版が5万400円、アカデミック版の解説本付きが5万2500円。教育現場向けにマルチライセンスの販売も実施し、5ライセンスパックが11万5500円、10-29本なら1本当たり1万9950円、30本以上なら1本当たり1万7850円。