PR

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は2010年10月14日、中小オフィス向けIT支援サービス「HOME」(ホーム)で、クラウドサービスを10月中旬から順次強化すると発表した。Webポータルの機能に用意するSaaSアプリケーションのメニューを拡充して、クラウドの活用を促進する。

 HOMEは、月額課金方式で、初期投資や運用コストを抑えながら中小オフィスのITインフラを構築するサービス。セキュリティの「HOME-UNIT」、Webポータルの「HOME-PORTAL」、運用管理の「HOME-CC」の3つのサービスで構成。ポータルには、スケジュールや情報の共有などの機能があり、IT専任者などを置けない中小企業も業務効率の改善を図れる。

 新機能として、キヤノンのオフィス用複合機「imageRUNNER ADVANCE」との連携機能「HOME-BOX」を追加。ITサービスに不慣れな人でも、使い慣れた複合機を入力機器としてクラウドサービスを活用できるようにする。スキャンした紙の文書や受信したファクスをデータセンターに転送して、ポータルから閲覧することなどができる。

 このほか、社内ネットワークのデバイスを監視してソフトウエアのバージョンやリース期間などの管理を行う「HOME-MANAGER」機能、ポータルに社外のサービスを登録できる「HOME-Link」機能などを標準で備える。

 基本サービス価格(税抜き)は、3サービスをすべて含む「HOME type-U」が初期導入費用6万円、月額1万2000円。「HOME-UNIT」を省いたWebポータルパック「HOME type-P」が初期導入費用1万2000円、月額3200円。