PR

 マイクロソフトが「Office 2010」の発売に併せて、リアルなキャラクターとして復活させた「冴子先生」。もともとはOffice 97~2003に搭載されていたヘルプ機能「Officeアシスタント」のCGキャラだったものを、モデルのkazumiさんを起用して実際の女性に仕立て上げたプロモーション企画だ。その名も「冴子先生2010(冴子2010)」。Twitterやブログを活用したソーシャルマーケティングの試みとして、日本法人が独自に企画した。2010年4月22日に本格的に活動を開始し、セミナーや店頭イベントを実施。同6月30日の“卒業イベント”をもってプロジェクトは終了した。

 この冴子2010プロジェクトは、ことのほか成功を収め、マイクロソフト社内でも継続を望む声があったという。そしてこの10月22日、冴子2010が再び復活する。というのも、長らく更新が途絶えていた冴子2010のTwitterに、こんな投稿があったのだ。

「復活なう!☆☆ フォロワーのみなさま、ご無沙汰ですっ♪ #saeko2010」

「皆様の反応めっちゃ嬉しいです!!! 本日22日 19:30からのプレスイベントで復活お披露目です! #saeko2010」

「あわわ… 今日じゃなかった 汗。今のはなかったことにして下さい。。。 #saeko2010」

 復活の日付を1日間違えて投稿してしまったようだが、これは“天然ボケ”と言われている冴子2010の魅力の一つなのでご愛敬。22日といえば、Windows 7が発売されてから、ちょうど1年に当たる記念の日。マイクロソフトは22日の夜、Twitterなどで公募したユーザーや報道関係者を集めた「Windows 7 1周年感謝パーティ-」を開催する。どうやらその中で、冴子2010の復活を発表するようだ。

 冴子2010ファンは、再び彼女のTwitterやブログをチェックしよう!