PR

 ノルウェーのオペラソフトウエアは2010年10月21日、Webブラウザー「Opera」の最新版となる「Opera 11」のアルファ版(開発者向け評価版)を公開した。新版では「エクステンション(拡張機能、アドオン)」に対応。開発者やユーザーが作成したエクステンションを公開するWebサイトも用意する。

 ここでのエクステンションとは、ブラウザーに機能を追加するためのプログラム。FirefoxやChromeなどでは既に対応している。ユーザーは自分でエクステンションを作成して、ブラウザーに機能を追加できる。ほかのユーザーが公開するエクステンションをインストールしてカスタマイズすることも可能だ。

 Operaのエクステンションでは、HTML5やJavaScript、CSSといったWebの標準技術を使用する。このため、Webサイトを作成する場合と同じように、エクステンションを作成できるという。また、Opera用のエクステンションに少し手を加えれば、ほかのブラウザーにも対応できるとしている。

 同社では、エクステンションの作成方法を解説するWebサイトや、エクステンションを公開するWebサイトも用意する。同サイトにアップロードすれば、自分が作成したエクステンションを、世界中のユーザーに公開できる。公開前には、問題がないかどうかを同社がチェックする。

 Opera 11のアルファ版は同社サイトからダウンロードできる。ただし、アルファ版は開発者向けの評価版なので、一般ユーザーはインストールしない方がよい。今後、バグの修正や仕様変更が行われる可能性が高いためだ。正規版が公開されるのを待った方がよいだろう。