PR

 マイクロソフトは2010年10月22日、Windows 7の発売1周年イベントとして最近の同社の取り組みを説明する会見を開いた。特にWebサービス群「Windows Live」の機能を紹介し、Windows 7と組み合わせることでユーザーに高い利便性を提供できることを示した。

 マイクロソフトの調査によると、Windows 7は「Vistaに比べて満足度が30%上がり、サポートコールは60%減少した」(マイクロソフト コンシューマー&オンライン事業部担当堂山昌司代表執行役副社長)というように、従来のWindowsよりもユーザーの支持が高い。2010年夏商戦向けモデルのデスクトップは、53%が地デジチューナーを搭載。20%がタッチパネルを搭載するなど、機能や用途も拡大する傾向にあるという。

 Windows 7と共に同社が力を入れているのがWebサービスのWindows Live。パソコンとクラウド型のWebサービスを組み合わせ、「複数台のパソコンや携帯機器から、毎日使っているSNS、メール、写真など同じ情報にアクセスできる」(米マイクロソフトのクリス・ジョーンズ Windows Liveシニアバイスプレジデント)ことを実現する。SNSなど外部サイトとの連携も強化している。例えば、Windows上の画像管理ソフトやメッセンジャーソフトから簡単に「facebook」「ニコニコ動画」などのサイトに画像や動画をアップロードできる。このほか、パソコン間やWebストレージとのデータ連携を取るWindows Live Meshなどの機能をデモした。

 Windowsの用途を拡大する取り組みとしては教育用パソコンを紹介した。オンキヨーは学習塾などで使うタブレット型パソコン「educationPC」を11月下旬から発売する。日本HPのマルチタッチ対応PC「TouchSmart」も教育用途に使われている。

 1周年記念として、通常版よりも低価格とした「Windows 7 Home Premium アップグレード版 優待パッケージ」などを本数限定で一部流通業者が発売する。