PR

 キングジムは2010年12月20日、点字ラベルを作成できる「点字テプラ」を活用した体験授業の参加校を募集すると発表した。募集対象は、東京都内の小学校、中学校、高等学校。2011年1月~12月までの期間、同社の社員が無償で出張授業を実施する。

 授業に用いるのは、「PRO SR6700D」という機種。ワープロのように文字を入力すれば、自動的に点字に変換され、ラベルを作成できる。印刷文字と点字の両方を1枚のラベルに収めることも可能。これによって、視覚障害者と健常者の両方が活用できるラベルを作れるという。

 今回の体験授業では、45分間の授業を2回分実施。前半の45分間で点字の目的や仕組みについて解説し、後半の45分間で点字テプラを使用したラベル作りを体験する。学年に応じて、内容の変更などの相談も可能。同社は過去にも同様の取り組みを実施しており、東京都内の小学校や高校で体験授業を行った実績があるという。