PR

 オンキヨーは、企業向けのAndroidタブレット「SlatePad(スレートパッド) TA」シリーズを2010年12月末から販売する。10.1型(1024×600ドット表示)液晶ディスプレイを搭載し、Web閲覧やさまざまなAndroidアプリを利用できる。容量などの異なる2モデルがあり、カスタマイズに対応。価格は要問い合わせ。

 タブレットとしては大型の10.1型画面を採用しながら、厚さは14.8mm、重さ約800gの薄型・軽量に仕上げた。OSはAndroid 2.2で、NVIDIAのデュアルコアプロセッサー「Tegra 250」と合わせて軽快に動作。タッチパネルは静電容量式で、マルチタッチによるズームや回転操作に対応する。

 日本語入力システムには、フリック入力と予測変換を組み合わせて素早い入力ができる「Simeji」をプリインストールした。アプリケーションは、Android 2.2標準搭載の音楽視聴、録音、画像・動画管理ソフトなどを内蔵し、ユーザー企業やソフトベンダーなどと協業してカズタマイズする。なお、Android Marketには非対応で、ユーザーが自分でアプリケーションを導入することはできない。

 本体の傾きを検知する3軸加速度センサー、周囲の明るさに合わせて画面の輝度を自動調節する照度センサーを内蔵。通信機能としてIEEE802.11b/g/n無線LANとBluetoothを搭載。HDMI端子、USB 2.0ポート、microSDメモリーカードスロットを備える。電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで、駆動時間は約6.5時間。

 システムメモリー1GBでストレージとして16GBのフラッシュメモリーを搭載する「TA117C3」と、システムメモリー512MBで8GBのフラッシュメモリーを搭載する「TA117C1」がある。本体寸法は幅267×高さ173×厚さ14.8mm。USBやHDMI出力などを持った専用のドッキングステーションも1月下旬からオプションで販売する。

 同社は、タブレット端末ではWindows 7 Home Premiumを搭載した「スレートPC」を既に製品化しているが、Androidベースのタブレットは、これとは別ブランドの「スレートパッド」として展開する。