PR

 AMDは2011年1月4日、新設計のCPUコアとDirectX 11対応のグラフィックス機能を1つのダイ(半導体本体)に統合した新型CPU、EシリーズとCシリーズを正式に発表した。低価格ノートPCやディスプレイ一体型PCに向けた製品で、同社はCPUに代わる言葉として「APU(Accelerated Processing Unit)」と呼んでいる。TDP(熱設計電力、実使用上の最大消費電力)が9W、18Wと低いのが特徴。PCメーカー各社から搭載製品が登場する見込みだ。

AMDが発表した「APU(Accelerated Processing Unit)」。パッケージはコンパクトだ。
AMDが発表した「APU(Accelerated Processing Unit)」。パッケージはコンパクトだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 AMDが発表したのはこれまで「Zacate」(ザカテ)や「Ontario」(オンタリオ)の開発コード名で呼ばれていた製品。CPUコアは新設計の「Bobcat」(ボブキャット、開発コード名)で、PC向けのPhenomやAthlonの「K10アーキテクチャー」を簡素にしたような内部構造になっている。Zacate/Ontarioは、デュアルコアのBobcatと「ATI Radeon HD 5000」シリーズをベースにしたDirectX 11対応のグラフィックス機能やメモリーコントローラーなどを統合した製品だ。

AMDの「APU(Accelerated Processing Unit)」の構造を表した図。新設計のデュアルコアCPUにメモリーコントローラーと、DirectX 11対応のグラフィックス機能を統合した。図はAMDの資料から抜粋(以下同じ)。
AMDの「APU(Accelerated Processing Unit)」の構造を表した図。新設計のデュアルコアCPUにメモリーコントローラーと、DirectX 11対応のグラフィックス機能を統合した。図はAMDの資料から抜粋(以下同じ)。
[画像のクリックで拡大表示]

 Bobcatはコアごとに512KBの2次キャッシュを備える。64ビットモードや、仮想化支援機能の「AMD-V」に対応する。メモリーはシングルチャンネルのDDR3-800/1066(1.35V/1.5V)をサポートする。グラフィックス部分には、同社独自の動画支援機能「UVD3」も搭載している。デジタルディスプレイ出力は2系統で、一方はDisplayPort/HDMI/DVI/LVDSに対応。もう一方はDisplayPort/HDMI/DVIに対応する。HDMIのバージョンは1.3。アナログRGB出力も可能。製造はTSMCで、プロセスルールは40nmだ。

新設計のCPUコア「Bobcat」(開発コード名)の内部構造。Intelの低消費電力CPU、Atomと異なるのは、PC向けCPUで一般的な「アウト・オブ・オーダー」(発行順とは無関係に実行できる命令から処理する仕組み)を採用している点。64ビットモードや仮想化機能も実装している。
新設計のCPUコア「Bobcat」(開発コード名)の内部構造。Intelの低消費電力CPU、Atomと異なるのは、PC向けCPUで一般的な「アウト・オブ・オーダー」(発行順とは無関係に実行できる命令から処理する仕組み)を採用している点。64ビットモードや仮想化機能も実装している。
[画像のクリックで拡大表示]

今回発表になったEシリーズとCシリーズはそれぞれ「Zacate」「Ontario」の開発コード名で呼ばれていた。図はその内部構造。メモリーコントローラーはDDR3-800/1066対応のシングルチャンネル。開発コード名「Hudson」というチップセットと組み合わせて使う。
今回発表になったEシリーズとCシリーズはそれぞれ「Zacate」「Ontario」の開発コード名で呼ばれていた。図はその内部構造。メモリーコントローラーはDDR3-800/1066対応のシングルチャンネル。開発コード名「Hudson」というチップセットと組み合わせて使う。
[画像のクリックで拡大表示]

Zacate/OntarioとHudsunの組み合わせを「Brazos」プラットフォームと呼ぶ。APUとチップセットは「UMI」で接続する。
Zacate/OntarioとHudsunの組み合わせを「Brazos」プラットフォームと呼ぶ。APUとチップセットは「UMI」で接続する。
[画像のクリックで拡大表示]

これまでAMDプラットフォームではチップセットにグラフィックス機能を内蔵していた(左の図)。Zacate/OntarioではCPUと統合した結果、機能間のデータ転送速度を上げられるようになった(右の図)。
これまでAMDプラットフォームではチップセットにグラフィックス機能を内蔵していた(左の図)。Zacate/OntarioではCPUと統合した結果、機能間のデータ転送速度を上げられるようになった(右の図)。
[画像のクリックで拡大表示]

 APUには、主流のノートPCやディスプレイ一体型PCなどに向けた性能の高い2モデルと、いわゆる「ネットブック」と呼ばれる低価格製品を想定した消費電力の低い2モデルがある。Zacateと呼ばれていたのはE-350とE-240。E-350はデュアルコアCPUで動作周波数は1.6GHz。E-240はシングルコア、1.5GHzだ。グラフィックス機能は「Radeon HD 6310」で動作周波数は500MHz。シェーダーは80個ある。TDPはいずれも18W。消費電力重視の製品は、デュアルコアで1GHzのC-50と、シングルコアで1.2GHzのC-30だ。グラフィックス機能として、280MHz動作、シェーダー80個の「Radeon HD 6250」を搭載している。パッケージは19mm角の413ピンBGAだ。

●AMDの新CPUの主な仕様
ナンバーE-350E-240C-50C-30
開発コード名ZacateZacateOntarioOntario
コア数2121
動作周波数1.6GHz1.5GHz1GHz1.2GHz
2次キャッシュ1MB512KB1MB512KB
内蔵グラフィックス機能Radeon HD 6310Radeon HD 6310Radeon HD 6250Radeon HD 6250
内蔵グラフィックス動作周波数500MHz500MHz280MHz280MHz
シェーダー数80808080
TDP18W18W9W9W

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料