PR

 PC Onlineの大人気コラム「美人研究員は見た! ビジネスメール事件簿」。その主人公であるビジネスメール研究所の2人が2011年2月19日、名古屋の中学校・高等学校で“出張講義”を実施した。過去に好評を博したテーマを取り上げながら、コラムさながらの軽妙な掛け合いを通じてビジネスメールのマナーを解説した。

 講義の舞台となったのは、名古屋市にある私立の中高一貫校、東海中学校・高等学校。同校は、生徒自身が企画・運営するイベント「サタデープログラム」を毎年2回開催している。同校の生徒に加え一般市民にも公開する講座で、毎回、全国からのべ6000人ほどの来場者を集める大規模な催しだ。第一線で活躍する作家や政治家、ジャーナリスト、研究者、タレントなど、名だたる専門家が講師を務める。18回目となった今回も約50種類もの講座が設けられ、漫画家の藤子不二雄A氏、作家の椎名誠氏など多彩なメンバーが登壇した。

 コラムの著者である平野友朗氏、直井章子氏が担当した講座は、第2部の「美人研究員の事件簿~あなたのメール、間違っていませんか?」。講義はまず、すばらしい例として1通のメールを紹介するところから始まった。『見た目は子ども、メールは大人。「コナンくんメール」』で紹介した、ある中学生からのメールだ。

高校の教室で講演する、平野所長と直井研究員。直井研究員の右で司会進行役を務めたのが、見事なメールで2人をうならせた“コナンくん”本人だ
高校の教室で講演する、平野所長と直井研究員。直井研究員の右で司会進行役を務めたのが、見事なメールで2人をうならせた“コナンくん”本人だ
[画像のクリックで拡大表示]

講義は、2人が掛け合いをする形で進められた
講義は、2人が掛け合いをする形で進められた
[画像のクリックで拡大表示]

 実はこれ、東海中学校の生徒から実際に送られてきた、サタデープログラムでの講演依頼メールを題材にしている。中学2年生の送信者(通称“コナンくん”)は、同コラムを第1回から読んでいるというファンだ。コナンくん本人から、講演を依頼するに至った経緯などを聞き出しつつ、平野氏と直井氏がなぜそのメールに心を動かされたかを解説。その上で、面識のない人に対して何かを依頼することの難しさ、注意すべき点を述べた。

会場の受講者に問いかけをしながら話を進める平野氏
会場の受講者に問いかけをしながら話を進める平野氏
[画像のクリックで拡大表示]

自身の体験談を披露する直井氏
自身の体験談を披露する直井氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかには、『会えばいい人、メールはコワイ!「二重人格メール女子」』や、『ビジネスメールであり?なし?「いい歳なのに音符ちゃん」』、『送信直後に顔面蒼白! 「転送メールは災いの元」』といったネタが登場。いずれも実際の出来事を基にしているだけあって、平野氏と直井氏の解説もリアリティ抜群。受講者も、ある人は大きくうなずきながら、ある人はメモを取りながら、熱心に耳を傾けていた。

 後半は質問コーナー。会場からは活発に手が挙がり、「相手のメールを引用しながら返事をするときには何に気を付けたらよいか」「たくさんのメールに効率的に返事をする秘訣は何か」といった質問が出された。

 第3部も、特徴ある講座が目白押し。どの会場もほぼ満員となる盛況ぶりだった。

アントン・ウィッキー氏は、英語と日本語を操りながら「国際人になるための条件」を語った
アントン・ウィッキー氏は、英語と日本語を操りながら「国際人になるための条件」を語った
[画像のクリックで拡大表示]

藤子不二雄A氏が語る、まんが道60年。「最近は遠くに出かけるのも大変になったが、今回の中学生からの講演依頼はとてもうれしく、名古屋まで来た」と話した
藤子不二雄A氏が語る、まんが道60年。「最近は遠くに出かけるのも大変になったが、今回の中学生からの講演依頼はとてもうれしく、名古屋まで来た」と話した
[画像のクリックで拡大表示]

椎名誠氏による「風景から学んだこと」。400人ほどが詰めかけた
椎名誠氏による「風景から学んだこと」。400人ほどが詰めかけた
[画像のクリックで拡大表示]