PR

 NTTドコモは2011年3月11日、携帯電話やスマートフォンなどのSIMロック解除の実施方法を発表した。4月1日以降に新たに発売する、携帯電話やスマートフォンは、原則としてすべてSIMロック解除の機能を搭載する。ユーザーの希望があれば、販売店でSIMロックを解除する。同時に、ほかの通信事業者のSIMロック解除された端末を、ドコモの回線で接続できるSIMカードも発売する。

 SIMロックの解除は全国のドコモショップで受け付ける。解除の手数料は3150円。iモードなど各種サービスが利用できなくなるといった注意事項を説明し、同意を得たユーザーに対してSIMロック解除を実施する。

 ほかの通信事業者のSIMロックを解除した端末で利用できる、NTTドコモのSIMカードも提供を開始する。新たに回線契約をする場合、契約の事務手数料は3150円。iPhone 4やiPadで使われている小型のminiUIMカードも取り扱う。通信料金は、テザリングに対応していないことをNTTドコモが確認できた端末の場合は、上限額が月額5460円(完全定額)あるいは5985円(2段階定額)となる。テザリングに対応している端末の場合は、上限額が1万395円となる。音声通話ができない定額データプランを選んだ場合は、テザリング対応可否にかかわらず上限額は5460円(完全定額)または5985円(2段階定額)となる。