PR

 日本デジタルオフィスは2011年3月18日、日本マイクロソフトと協力して、スマートフォン向けの被災時緊急連絡用アプリ「J!ResQ」(ジェイ レスキュー)を開発し、同日から無償提供を開始すると発表した。

 J!ResQは、災害に遭ったユーザーがスマートフォンを利用して、自分の位置情報と音声を、あらかじめ登録したメールアドレスに自動送信できるアプリ。これにより、自分の無事を家族や友人に容易に知らせることができる。送信した位置情報や音声データは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Windows Azure Platform」上に自動的に蓄積されるため、J!ResQのメール送信先に入っていない人でも、発信者のメールアドレスを通じて消息を検索できる。

 アプリの起動からメール送信までの作業は数回の操作で行え、15秒以内に完了することが可能。被災時に身動きがとりにくい状況でも利用できるとしている。最大5つの送信先に同時にメールを送信でき、メールには発信者の位置情報(緯度経度)と音声(10秒間)が添付される。メールの受信者は、地図アプリの「Bing Maps」および「Google マップ」と連携させることで発信者の位置を把握したり、メッセージを再生したりできる。

 Android端末向けが3月17日に公開され、Androidマーケットから無料で入手できる。iPhone向けは3月18日現在「APP Store」に申請中。Windows Phone 7向けのアプリも今後提供する予定という。