PR

 AMDは2011年4月5日、DirectX 11に対応したミドルクラスのグラフィックスチップ「Radeon HD 6790」を発表した。従来の「Radeon HD 6850」と「ATI Radeon HD 5770」の間という位置付け。搭載ボードの実勢価格は1万円台半ばから1万円台後半。日経WinPC編集部はRadeon HD 6790のレファレンスボードを入手。性能や消費電力を測定した。

Radeon HD 6790のレファレンスボードと位置付け。AMDは性能と価格のバランスの良さを売りにしている。AMDの資料から抜粋した(以下同じ)。
Radeon HD 6790のレファレンスボードと位置付け。AMDは性能と価格のバランスの良さを売りにしている。AMDの資料から抜粋した(以下同じ)。
[画像のクリックで拡大表示]

Radeon HD 6790の主な仕様。製造プロセスは従来品と同じ40nm。シェーダーは800個で、一般消費者向けRadeon HD 6000シリーズでは最も少ない。
Radeon HD 6790の主な仕様。製造プロセスは従来品と同じ40nm。シェーダーは800個で、一般消費者向けRadeon HD 6000シリーズでは最も少ない。
[画像のクリックで拡大表示]

 Radeon HD 6790は、Radeon HD 6800シリーズをベースにしたグラフィックスチップ。上位のRadeon HD 6900シリーズは効率を高めた「VLIW4」アーキテクチャーを採用しているが、6800と同じ従来の「VLIW5」アーキテクチャーだ。シェーダーは、ATI Radeon HD 5770と同じ800個。HD 5770がメモリーを128ビット幅で接続するのに対し、HD 6790は6800シリーズと同様に256ビット幅で接続しており転送が速い。メモリー周りは6800シリーズ、演算機構はHD 5770と同クラスにしたのがHD 6790だ。ボードの消費電力はRadeon HD 6870と同等の150W。下に主な仕様をまとめた。

●Radeon HD 6870/6850/6790/5770の主な仕様
チップ名称6870685067905770
コア動作周波数900MHz775MHz最大840MHz850MHz
SIMDエンジン数14個12個10個10個
シェーダー数1120個960個800個800個
テクスチャーユニット数56個48個40個40個
ROP数32個32個16個16個
メモリー 種類GDDR5GDDR5GDDR5GDDR5
メモリー 動作周波数4.2GHz4GHz最大4.2GHz4.8GHz
メモリー バス幅256ビット256ビット256ビット128ビット
ボードの消費電力(アイドル時/負荷時)19W/151W19W/127W19W/150W18W/108W

HD 6790は、Radeon HD 6850とATI Radeon HD 5770の中間に位置付けられる。HD 5770/5750も併売する。
HD 6790は、Radeon HD 6850とATI Radeon HD 5770の中間に位置付けられる。HD 5770/5750も併売する。
[画像のクリックで拡大表示]

AMDは、GeForce GTX 550 TiをRadeon HD 6790の競合とする。1割強から4割弱、性能面での優位があるという。
AMDは、GeForce GTX 550 TiをRadeon HD 6790の競合とする。1割強から4割弱、性能面での優位があるという。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料