PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2011年4月4日、個人向けノートパソコン「ENVY」シリーズ1機種と「Pavilion」シリーズ2機種を発表した。同社の直販Webサイトや、展示・販売スペース「HP Directplus Station」などで販売する。

 「ENVY17-2000」は、17.3型液晶を備える最上位ノート。アナログRGB、HDMI、Mini DisplayPortという3つの映像出力端子を備えており、最大3つの外部ディスプレイに5760×1080ドットの解像度で出力できる。ビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Elements 9」や画像編集ソフト「同 Photoshop Elements 9」などが付属する。

 最小構成は、CPUがCore i5-2410M(2.3GHz)、メモリーが4GB、HDDが640GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチで、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。直販価格は9万9960円。BTOに対応しており、CPUはCore i7-2820QM(2.3GHz)や同2630QM(2GHz)に、光学ドライブはBD-ROM兼スーパーマルチに変更できる。発売は4月下旬。

 「Pavilion dv7-6000」は、同じく17.3型液晶ノートの上位機。ヘアライン加工を施したアルミニウム製で高級感のある外観が特徴だ。

 最小構成は、CPUがCore i5-2410M(2.3GHz)、メモリーが2GB、HDDが320GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチで、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。直販価格は5万9850円。BTOに対応しており、CPUはCore i7-2820QM(2.3GHz)や同2720QM(2.2GHz)、同2630QM(2GHz)に、光学ドライブはブルーレイディスクドライブ(BD-RE)に構成変更できる。発売は4月中旬。

 「Pavilion dv6-6000」は、15.6型液晶のスタンダードノート。本体色が黒の「スタンダードライン」と、ダークアンバー(琥珀色)の「プレミアムライン」の2モデルある。

 スタンダードラインの最小構成は、CPUがCore i3-2310M(2.1GHz)、メモリーが2GB、HDDが250GB、光学ドライブがDVDスーパーマルチで、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。直販価格は4万9980円。BTOに対応しており、CPUはCore i5-2410M(2.3GHz)に、光学ドライブはブルーレイディスクドライブ(BD-RE)に構成変更できる。プレミアムラインは、Core i7-2720QM(2.2GHz)や同2630QM(2GHz)などのCPUが選択可能。発売は4月中旬。

 3機種はいずれも、タッチパッドを3本の指でタップすることでアプリケーションを起動する機能を標準搭載している。