PR

 NTTPCコミュニケーションズとインターコミュニケーションズは2011年4月5日、東日本大震災および長野県北部地震の被災地において復興活動や被災者支援を行う地方自治体、NPO団体、地域住民が設置している避難場所・施設を対象に、モバイル無線LANルーターを利用したインターネット接続環境とソーラー式充電器100セットを無償提供すると発表した。

 インターコミュニケーションズが、モバイル無線LANルーター「MiFi2372」(ノバテル・ワイヤレス社製)を貸与し、ソーラー式充電器「Dr.Solar」(台湾Corriga社製)を提供。NTTPCコミュニケーションズは、「InfoSphereモバイル接続サービス」用のモバイルカードを貸与し、インターネット接続料とモバイル通信料を提供する。なお、パソコンなどの利用端末は含まれない。

 提供期間は2011年4月中旬から10月末までを予定。申し込みは4月5日から4月28日まで受け付け、復旧状況などにより延長も検討する。提供予定数に達した時点で受け付けは終了する。