PR

 ASUSTeK Computerは2011年5月19日、AMD製CPU向けのマザーボード「M5A87」を日本市場で発売した。ソケットは最新の「Socket AM3+」で、現行CPUのPhenom IIやAthlon IIの他、AMDが未発表の「AMD FX」シリーズに対応する。実勢価格は1万1000円。

 M5A87はATXフォームファクターのマザーボード。チップセットは現行品の「AMD 870」。I/Oコントローラーとなるサウスブリッジは「SB850」だ。CPUとチップセットを接続するHyperTransportは最大5.2GHz(転送レート)。AMDプラットフォームではCPU側にメモリーコントローラーがあり、組み合わせるCPUによってメモリーの速度が変わる。マザーボードとしては、オーバークロックにより最大DDR3-2000までのメモリーが使用できる。Phenom IIの定格はDDR3-1333だが、AMD FXではDDR3-1866まで定格で対応するという。

 拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、同x1×2、PCI×3。SB850によるSerial ATA 6Gbps×6(RAID0/1/5/10対応)、ASMedia Technology製チップによるUSB 3.0×2、「RTL8111E」(Realtek Semiconductor)によるGigabit Ethernet、「ALC887」(同)によるサウンド機能などを備える。

 ASUSの従来製品と同様に、同社独自の「EPU(Energy Processing Unit)」による電力制御、一部のAMD製CPUで使えないようにされているコアを有効にする「Core Unlocker」、メモリーが自動設定で正しく動作しないときに別の設定で起動し直す「MemOK!」などの機能も搭載する。

[画像のクリックで拡大表示]

Socket AM3+を採用した、ASUSTeK Computerの「M5A87」。AMDが未発表のCPU、FXシリーズに対応するという。
Socket AM3+を採用した、ASUSTeK Computerの「M5A87」。AMDが未発表のCPU、FXシリーズに対応するという。
[画像のクリックで拡大表示]