PR

 AMDは2011年5月30日、新型チップセット「AMD 9」シリーズの情報を公開した。ラインアップは「AMD 990FX」「AMD 990X」「AMD 970」の3種類。「世界初のネイティブ8コアCPU」への対応をうたっており、対応CPUとして、AthlonやPhenomシリーズのほか、未発表の「AMD FX」シリーズを挙げている。

 グラフィックスボード用のPCI Express 2.0インターフェースは、AMD 990FXがx16×2のほかx8×4、AMD 990Xがx16×1のほかx8×2に構成できる。AMD 970はx16×1のみ。AMD 990FXは最大4枚、AMD 990Xは2枚のグラフィックスボードを使ってCrossFireXを利用できる。

 現行のAM3パッケージのCPUと、現在は対応CPUが無い「AM3+」パッケージにも対応する。CPUとの接続は、従来と同じHyper Transport 3.0。対応するサウスブリッジは「SB950」。USB 2.0ポートは最大14個、現行のSB850でも対応していたSerial ATA 6Gbpsポートも搭載する。