PR

 ASUSTeK ComputerとGIGABYTE TECHNOLOGYは2011年5月31日、AMDの新型チップセット「AMD 9」シリーズを搭載するマザーボードを発表した。ラインアップはASUSTeK Computer製が5製品、GIGABYTE TECHNOLOGY製が4製品ある。GIGABYTE TECHNOLOGY製品は同日、ASUSTeK Computer製品は6月中旬以降に発売になる。

 Socket AM3+に対応。現行CPUのPhenom IIやAthlon IIの他、AMDが未発表の「AMD FX」シリーズに対応するという。従来はIntelのプラットフォームでしか利用できなかった、複数のグラフィックスチップを連動させて3D画像の描画性能を高めるNVIDIAの独自技術「SLI」に対応した製品もある。ASUS製品のBIOS設定画面はUEFIベース。GIGABYTE製品は従来のBIOSをベースに、3TBのHDDを起動ドライブにできるUEFIの機能を取り入れている。

 ASUS製は「Crosshair V Formula」(予想実勢価格は2万7000円)、「SABERTOOTH 990FX」(同2万2000円)、「M5A99X EVO」(同2万4000円)、「M5A97 EVO」(同1万4000円)、「M5A97 PRO」(同1万2500円)の5モデル。Crosshair V FormulaとSABERTOOTH 990FXが6月中旬、M5A99X EVOとM5A97 PROは6月下旬、M5A97 EVOは7月に発売する。フォームファクターは全てATXだ。Crosshair V Formula、SABERTOOTH 990FX、M5A99X EVOはSLIを利用できる。

 Crosshair V Formulaはゲームプレーヤーやオーバークロック向けの製品。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×4、x1×1、PCI×1。SB850によるSerial ATA 6Gbps×6、ASMedia Technology製チップによるSerial ATA 6Gbps×1、USB 3.0×6、Intel製チップによるGigabit Ethernet、「SupremeFX X-Fi 2」によるサウンド機能などを備える。

「Crosshair V Formula」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
「Crosshair V Formula」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 SABERTOOTH 990FXは耐久性を高め、過酷な環境での安定動作に特化したという製品。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×4、x1×1、PCI×1。SB950によるSerial ATA 6Gbps×6、ASMedia製チップによるUSB 3.0×4、「RTL8111E」(Realtek Semiconductor)によるGigabit Ethernet、「ALC892」(同)によるサウンド機能などを備える。

「SABERTOOTH 990FX」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
「SABERTOOTH 990FX」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 M5A99X EVOはチップセットにAMD 990X+SB950を採用した製品。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×3、x1×2、PCI×1。SB950によるSerial ATA 6Gbps×6、ASMedia製チップによるUSB 3.0×4、RTL8111EのGigabit Ethernet、ALC892のサウンド機能などを備える。

「M5A99X EVO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990X+SB950。
「M5A99X EVO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 990X+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 M5A97 EVOとM5A97 PROはチップセットにAMD 970+SB950を採用した製品。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2、x1×2、PCI×2。ASMedia製チップによるUSB 3.0はM5A97 EVOが4ポート、M5A97 PROは2ポート。SB950によるSerial ATA 6Gbps×6のほか、Gigabit Ethernet(RTL8111E)、サウンド機能(ALC892)などを備える。

「M5A97 EVO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
「M5A97 EVO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

「M5A97 PRO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
「M5A97 PRO」(ASUSTeK Computer)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 GIGABYTE製は「GA-990FXA-UD7」(予想実勢価格は2万6000円)、「GA-990FXA-UD5」(同2万円)、「GA-990FXA-UD3」(同1万6000円)、「GA-970A-D3」(同1万円)の4モデル。5月31日より順次発売する。フォームファクターは全てATX。GA-990FXA-UD7、GA-990FXA-UD5、GA-990FXA-UD3はチップセットにAMD 990FX+SB950を採用し、SLIを利用可能。RTL8111EによるGigabit Ethernet、「ALC889」(Realtek)によるサウンド機能を備える。GA-970A-D3はAMD 970+SB950を採用している。

 GA-990FXA-UD7は4-way SLIまで対応する最上位製品。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×4、x4×2、PCI×1。SB950によるSerial ATA 6Gbps×6、「88SE9172」(Marvell Technology Group)によるSerial ATA 6Gbps×2、「EJ168」(Etron Technology)によるUSB 3.0×4を備える。

「GA-990FXA-UD7」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
「GA-990FXA-UD7」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 GA-990FXA-UD5は3-way SLIまで対応する。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×3、x4×2、x1×1、PCI×1。Serial ATA 6Gbps×6(SB950)、追加のSerial ATA 6Gbps×2(88SE9172)、USB 3.0×4(EJ168)などを備える。

「GA-990FXA-UD5」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
「GA-990FXA-UD5」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 GA-990FXA-UD3は2枚までのSLIが利用できる。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×2、x4×2、x1×2、PCI×1。Serial ATA 6Gbps×6(SB950)、USB 3.0×4(EJ168)などを備える。

「GA-990FXA-UD3」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
「GA-990FXA-UD3」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 990FX+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]

 GA-970A-D3は機能を絞って価格を抑えた下位製品。拡張スロットはPCI Express 2.0 x16×1、x4×1、x1×3、PCI×2。SB950によるSerial ATA 6Gbps×6を搭載。USB 3.0×2、Gigabit Ethernet、サウンド機能などを備える。

「GA-970A-D3」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
「GA-970A-D3」(GIGABYTE TECHNOLOGY)。搭載チップセットはAMD 970+SB950。
[画像のクリックで拡大表示]