PR

 台湾ASUSTeK Computerは2011年5月30日(現地時間)、台湾・台北市で31日から開催の「COMPUTEX TAIPEI 2011」に向けた新製品紹介の記者会見を開催した。この中で、Windows 7搭載の薄型ノートパソコン「UXシリーズ」を発表した。2011年9月末をめどに量産出荷する予定。

 11型と13型をラインアップする予定で、11型は厚さ3~17mm、重さは1.1kg。CPUは第2世代Core iシリーズで、「Core i7の搭載も可能」(ASUSの説明員)。USB 3.0、USB 2.0、Micro-HDMI、Mini-VGAの端子を備える。きょう体は全面アルミニウム合金としており、「一体成形することで強度を確保している」(ASUSの説明員)という。記憶媒体はSSDで、Serial ATA 6Gbps接続の高速タイプを採用する。このほか、スリープ状態から2秒後に操作可能になる高速起動機能「Instant On」を搭載している。

 価格は「具体的には未定だが、台湾市場で一般的に市販されている薄型ノートは2万5000台湾ドル~3万台湾ドル(7万円~8万5000円)。その価格帯から外れない範囲で考えている」(ASUSの説明員)としている。