PR

 レノボ・ジャパンは、薄型・軽量の中・小規模企業向けノートパソコン「ThinkPad Edge E220s」を2011年6月1日発売する。「ThinkPad Edge」シリーズのモバイルモデルで、重さ1.58kgのシリーズ最軽量。厚さも20.9mmで携帯性を重視するユーザー向け。

 全体をガラスで覆った12.5型(1366×768ドット)液晶を搭載し、きょう体にはアルミニウムフレームのスタイリッシュなデザインを採用した。暗所でキーボードを照らす「ThinkLight」をEdgeシリーズで初めて搭載。液晶部は開くと背面に回り込む構造で、開いた時の高さを抑える。カラーは落ち着いたモスブラックとした。

 Core i5-2537M(1.4GHz)を搭載した「50384GJ」はメインメモリー2GBで、直販価格は14万7000円。Core i7-2617M(1.5GHz)を搭載した「50384FJ」はメインメモリー4GBで同15万9600円。共通仕様はモバイルインテル「HM65 Express」チップセット、320GBのHDDなど。ストレージはオプションで128GBのSSDも選択できる。

 このほか、インテル「Centrino Advanced-N+WiMAX 6250」モジュールを内蔵(利用には別途通信事業者との契約が必要)。Bluetooth 3.0や「Dolby Home Theater」オーディオを標準搭載した。OSはWindows 7 Professional(32/64ビット版)。本体寸法は幅313×奥行き213.5×高さ21.9mm。内蔵8セルバッテリーで最大約6.2時間駆動する。

 
  • レノボ・ジャパンのWebサイト
  •  http://www.lenovo.com/jp/ja/