PR

 コニカミノルタビジネスソリューションズとコニカミノルタビズコムは2011年6月1日、東日本大震災からの復興を支援するために、被災地域の企業や自治体に対して、ITサポートサービス「IT-Guardians(アイティーガーディアンズ)」の一部メニューを無償で提供すると発表した。申し込み期間は2011年6月1日から9月30日まで。利用は2012年3月30日までとなる。

 IT-Guardiansは、パソコンやネットワークなどのIT環境を監視して、万一のトラブルへの対応や、円滑な活用をサポートするサービス。「パソコンが動かなくなった」「ネットワークが繋がらない」「ウイルスに感染してしまった」といった問題への対応や、「WordやExcelの操作が分からない」といった悩みに対するヘルプデスクサービスなどをまとめて提供している。

 今回はこのIT-Guardiansの内容に合わせて、パソコン操作に関する遠隔支援、ウイルス対策やデータバックアップなどの包括的なサービスを企業や自治体に提供。業務の再開と円滑な遂行を支援する。

 無償で提供するのは、同サービスのメニューのうち「スタート3パック」「スタート5パック」「スタート10パック」の3種類。それぞれサポート対象のパソコンが3台、5台、10台となっている。合計で約150パックの提供を予定している。

 対象は岩手県、宮城県、福島県、青森県、茨城県、栃木県、千葉県、新潟県、長野県で、東日本大震災および長野県北部の地震にて災害救助法が適用となった市町村にある企業の事業所と自治体。