PR

 アップルは2011年6月1日、iPad版ビジネスアプリ「iWork」をアップデートし、iPhone/iPod touchにも対応させると発表した。iWorkは、プレゼンテーション作成の「Keynote」、ワープロソフト「Pages」、表計算ソフト「Numbers」の3ソフトで構成されるオフィススイートで、価格はそれぞれ1200円。すでにiPad版iWorkを利用しているユーザーは無償でアップデートできる。

 iPad/iPhone/iPod touch版iWorkは、Mac版のiWorkおよびMicrosoft Officeとの間での読み込み・書き出しや、AirPrintを使ったワイヤレスプリンティングに対応。Keynote、Pages、Numbersともに、アップルによる美しいテーマとテンプレートが付属する。また、文書管理機能が向上し、サムネイル画像から目的のファイルを素早く見つけたり、それらをグループ分けして簡単にフォルダ内で管理したりできるようになった。対応デバイスはiPad/iPad 2、iPhone 3GS/4、iPod touch(第3および第4世代)。