PR

 日本マイクロソフトは2011年6月1日、一部のInternet Explorer(IE)ユーザーにおいて、特定のWebサイトにアクセスできない障害が6月8日に発生することがあるとして注意を呼び掛けた。原因は、IPv6の実証実験「World IPv6 Day」が同日に実施されること。IE9へのアップグレードや設定変更などで回避できる。

 World IPv6 Dayとは、世界規模で実施されるIPv6の実証実験。インターネットでサービスを提供する企業が、24時間にわたって、WebサイトをIPv6に対応させる。期間は、日本時間では6月8日9時から6月9日8時59分まで。米グーグルや米フェイスブック、米マイクロソフトといった大手を含む200社以上が参加を表明している。

 この実験の影響により、ある条件下のIEでは、一部のWebサイトにアクセスできないといった障害が発生するという。具体的には、以下の条件を全て満たす環境において、障害が発生する恐れがある。

・使用ブラウザーが、IE7あるいはIE8
・インターネットアクセス環境が、フレッツ光(NTT東日本、NTT西日本)
・ホームルーターを使用していない、あるいはIPv6に対応したホームルーターを使用している

 障害が発生する理由は、IE7およびIE8では、IPv6による通信が失敗した場合、IPv4による通信に切り替えられないため。

 フレッツ光ではIPv6による通信をサポートしていないので、アプリケーションがIPv6で通信しようとすると失敗する。通常は、IPv6による通信に失敗した場合は、IPv4に切り替えて通信を行うため問題は発生しない。

 ところがIE7およびIE8では、この切り替えがうまくいかないため、IPv6に対応したWebサイトへのアクセスに失敗するという。つまり、World IPv6 Dayに参加する企業のWebサイトにアクセスできない恐れがある。

 回避策は以下の通り。Windows XPでは、(3)の回避策のみ実施可能。具体的な手順は、同社のWebサイトに記載されている。

(1)IE9にアップグレードする
(2)IPv6の使用を一時的に抑制するパッチを適用する
(3)IPv6プロトコルを使用しない設定に変更する
(4)ネットワークポリシーテーブルを変更する

 なお(2)を実施する際には、現在利用しているサービスに影響がないことを、契約しているプロバイダーに確認するよう勧めている。また、(2)を実施することで、IPv6を使用するサービスを利用できなくなる場合があるとしている。