PR

 2011年5月31~6月4日に台湾・台北市で開催中の「COMPUTEX TAIPEI 2011」で、MSIはPCI Express 3.0対応をうたうマザーボードを出展した。

 「Z68A-GD80(G3)」という名称で、Intelの最新チップセット「Intel Z68」を採用した。Z68は現行製品である新Core iシリーズと組み合わせて利用できるチップセットだ。ただし、新Core iとZ68の組み合わせの場合、PCI Express 2.0までしか利用できない。PCI Express 3.0使えるのは、次期マイクロアーキテクチャー「Ivy Bridge」に対応したCPUが登場してからになるという。どういった機材でテストしたのか詳細は明らかでなかったが「開発用のIvy Bridgeのサンプルで比較したところ、PCI Express 3.0経由で接続したSerial ATAデバイスが2~3割程度高速になった」(MSI)という。

「Z68A-GD80(G3)」はチップセットにIntel Z68を採用したマザーボード。PCI Express 3.0対応をうたっており、x16形状のスロットを3本備える。SLIとCrossFireXが利用可能。Serial ATA 6Gbpsを3ポート、eSATAを1ポート備える。USB 3.0ポートは4個ある。発売時期と価格は未定。
「Z68A-GD80(G3)」はチップセットにIntel Z68を採用したマザーボード。PCI Express 3.0対応をうたっており、x16形状のスロットを3本備える。SLIとCrossFireXが利用可能。Serial ATA 6Gbpsを3ポート、eSATAを1ポート備える。USB 3.0ポートは4個ある。発売時期と価格は未定。
[画像のクリックで拡大表示]

 このほかIntelとAMDが発表していないチップセットを搭載したマザーボードも展示していた。Intel製CPU向けは、「Intel X79」を搭載したマザーボード「X79A-GD65」。対応CPUは「Sandy Bridge-E」(開発コード名)だという。AMD製CPU向けでは、「AMD A75」チップセットを搭載したマザーボードを展示。Socket FM1用のAMD Aシリーズ(開発コード名はLlano)と組み合わせる。

「X79A-GD65」は、Intelが発表していないIntel X79をチップセットに採用した。ソケットはLGA2011で、メモリーは4チャンネルのDDR3。6GbpsのSerial ATAポートを10個備える。まだデザインサンプルの段階であり、チップの配置などは変わる可能性があるという。発売時期と価格は未定。
「X79A-GD65」は、Intelが発表していないIntel X79をチップセットに採用した。ソケットはLGA2011で、メモリーは4チャンネルのDDR3。6GbpsのSerial ATAポートを10個備える。まだデザインサンプルの段階であり、チップの配置などは変わる可能性があるという。発売時期と価格は未定。
[画像のクリックで拡大表示]

AMD A75チップセットを搭載した「A75MA-G55」。PCI Express x16スロットを2本搭載し、CrossFireXに対応する。6GbpsのSerial ATAポートを6個備える。USB 3.0にも対応する。発売時期と価格は未定。
AMD A75チップセットを搭載した「A75MA-G55」。PCI Express x16スロットを2本搭載し、CrossFireXに対応する。6GbpsのSerial ATAポートを6個備える。USB 3.0にも対応する。発売時期と価格は未定。
[画像のクリックで拡大表示]

 マザーボード以外で目を引いたのは、グラフィックスボード「N580 GTX Lightning Xtreme Edition」だ。起動すると、まずファンが通常とは逆向きに30秒間回転し、羽についた埃を振り落とす。また、周囲の温度で色が変化する素材をファンに採用した。周囲が30℃程度だと青だが、45℃になると白くなる。

 さらにグラフィックス用のオーバークロックツール「AfterBurner」をスマートフォンから操作できるようにした。これはフルスクリーンのゲームをプレーしているときに、オーバークロックの設定を変更したいという要望に応えたもの。今月中にAndroid版を公開し、iPhone版を年内に公開する。

[画像のクリックで拡大表示]

「N580 GTX Lightning」はGeForce GTX 580を搭載したグラフィックスボード。1536MBのGDDR5メモリーを搭載する。映像出力端子はDVI×2、HDMI、DisplayPort。起動時に30秒間ファンが逆回転して埃を振り落とす。その際、通常回転時は青く光るLEDが赤く光るという。また、周囲の温度で色が変化する素材でファンを塗装した。30℃以下なら青、45℃を超えると白くなる。中間だと白味がかった青になる。
「N580 GTX Lightning」はGeForce GTX 580を搭載したグラフィックスボード。1536MBのGDDR5メモリーを搭載する。映像出力端子はDVI×2、HDMI、DisplayPort。起動時に30秒間ファンが逆回転して埃を振り落とす。その際、通常回転時は青く光るLEDが赤く光るという。また、周囲の温度で色が変化する素材でファンを塗装した。30℃以下なら青、45℃を超えると白くなる。中間だと白味がかった青になる。
[画像のクリックで拡大表示]

グラフィックスボードに付属するユーティリティー「AfterBurner」をPC側で起動させておくと、スマートフォンからオーバークロックなどを設定できるようになる。本体とスマートフォンが同じネットワークに接続していることが前提。最初にPINコードを入力することで、スマートフォンとPCをペアリングする。動作状態の監視にも使える。
グラフィックスボードに付属するユーティリティー「AfterBurner」をPC側で起動させておくと、スマートフォンからオーバークロックなどを設定できるようになる。本体とスマートフォンが同じネットワークに接続していることが前提。最初にPINコードを入力することで、スマートフォンとPCをペアリングする。動作状態の監視にも使える。
[画像のクリックで拡大表示]