PR

 Kingston Technologyは2011年6月2日、「COMPUTEX TAIPEI 2011」の開催に合わせて新SSD「HyperX SSD」と、iPhone向け外部ストレージ「Wi-Drive」を発表した。

 HyperX SSDは同社としては初めて、SandForce製のコントローラー「SF-2281」を採用。6GbpsのSerial ATAに対応した。搭載するNANDフラッシュメモリーのチップはIntel製。順次読み出しは520MB/秒、順次書き込みは480MB/秒に達するという。外形寸法は幅69.85×奥行き100×高さ9.5mmと、2.5インチHDD互換の形状だ。7月11日に出荷を開始する。容量は120GBと240GBの2製品を用意する。3.5インチベイに取り付けるためのプレートやSerial ATAケーブルなどを同こんした「HyperX Bundle Kit」もそれぞれ用意する。価格は未定だが、「単体のドライブは他社の類似の構成のSSD、例えばOCZ Technologyの『Vertex 3』とほぼ同じ」(Kingstonの説明員)という。

「HyperX SSD」はSandForce製のコントローラー「SF-2281」を搭載したSSD。6GbpsのSerial ATAに接続する。
「HyperX SSD」はSandForce製のコントローラー「SF-2281」を搭載したSSD。6GbpsのSerial ATAに接続する。
[画像のクリックで拡大表示]

HyperX SSDの主な仕様。120GB/240GBモデルともに順次読み出しは525MB/秒、書き込みは480MB/秒。4KBデータのランダムアクセス時のIOPS(1秒当たりのデータ入出力処理の回数)は、120GBモデルで読み出しが2万、書き込みが6万、240GBモデルはそれぞれ4万、6万。
HyperX SSDの主な仕様。120GB/240GBモデルともに順次読み出しは525MB/秒、書き込みは480MB/秒。4KBデータのランダムアクセス時のIOPS(1秒当たりのデータ入出力処理の回数)は、120GBモデルで読み出しが2万、書き込みが6万、240GBモデルはそれぞれ4万、6万。
[画像のクリックで拡大表示]

 Wi-DriveはPCなどからはUSB経由で接続し、iPhoneやiPadなどからは無線LAN経由で接続する。USBでPCに接続したときは、普通の外部ドライブとして見える。iPhoneやiPadからは、Wi-Driveを無線LANの親機として、インフラストラクチャーモードで接続する。iPhone/iPadでは専用アプリケーションを通じて、Wi-Driveに格納したデータを再生したり、文書ファイルを閲覧したりできる。対応するデータ形式はAAC、mp3、wav、m4v、mp4、mov、Motion JPEG、AVI、JPEG、bmp、tiff、PDF、doc、docx、ppt、pptx、txt、rtf、xls。同時に3ユーザーまでアクセスできるので、iPhoneユーザー同士であれば比較的簡単にファイルを共有できるという。

Wi-DriveはiPhone/iPad/iPod Touchから、専用のアプリケーションを使って無線LANでアクセスする外部ストレージ。動画/音声のデータを再生したり、文書ファイルを閲覧できる。PCとの接続も可能。
Wi-DriveはiPhone/iPad/iPod Touchから、専用のアプリケーションを使って無線LANでアクセスする外部ストレージ。動画/音声のデータを再生したり、文書ファイルを閲覧できる。PCとの接続も可能。
[画像のクリックで拡大表示]

発表会はハワイをイメージした装飾で、水着姿のモデルも登場した。
発表会はハワイをイメージした装飾で、水着姿のモデルも登場した。