PR

 パソコン雑誌の「PCfan」(毎日コミュニケーションズ)は2011年6月4日、東京・秋葉原でPCユーザー向けのイベント「PCfan Cafe」を開催した。その中で日本マイクロソフトの森洋孝氏がWindowsの節電効果について解説。数年前のWindows XP搭載PCでも電力の設定や使い方を見直すことで大幅に消費電力を下げられると説明した。このほかインテルの天野伸彦氏は、最新チップセットやSSD製品について解説した(関連記事:インテル天野氏が最後のイベント出演、Z68とSSDを語る)。

イベント会場の「CAFFE SOLARE リナックスカフェ秋葉原店」。
イベント会場の「CAFFE SOLARE リナックスカフェ秋葉原店」。

PCの節電について語る、日本マイクロソフトの森洋孝エグゼクティブプロダクトマネージャー。
PCの節電について語る、日本マイクロソフトの森洋孝エグゼクティブプロダクトマネージャー。
[画像のクリックで拡大表示]

 森氏が解説したのは、日本マイクロソフトが5月10日に発表した検証結果(関連記事:日本マイクロソフトがパソコンの消費電力の検証結果を公開)。2006年、2008年、2010年に売れ筋だったデスクトップPCとノートPCを使い、アイドル時や使用時の消費電力と電力設定の違いによる変化をまとめたものだ。

 森氏は解説の冒頭で「一般家庭にはさまざまな家電があり、PCの(典型的な)電力使用量は全体のおよそ4%と、それほど割合は高くない」と前置きした上で、電力の設定を見直す、ディスプレイの電源をまめに消す、スリープと完全な電源断(シャットダウン)をうまく使い分けるなどで、少しでも無駄な電力を消費せずに済むとした。以下、日本マイクロソフトによる検証結果の詳細版として、森氏が示したスライドを解説する。

日本マイクロソフトがテストに使用したPC。Windows XP/Vista/7を搭載した大手メーカー製のデスクトップ型とノート型だ。売れ筋製品を選んだため、必ずしも当時の最先端の仕様ではない。
日本マイクロソフトがテストに使用したPC。Windows XP/Vista/7を搭載した大手メーカー製のデスクトップ型とノート型だ。売れ筋製品を選んだため、必ずしも当時の最先端の仕様ではない。
[画像のクリックで拡大表示]

各PCにおけるシステム全体のアイドル時の消費電力。Celeron Dを搭載したWindows XPのデスクトップPCが格段に高く、Windows 7搭載の2010年モデルのおよそ2倍。ノートも2006年モデルと2010年モデルで約2倍の差がある。
各PCにおけるシステム全体のアイドル時の消費電力。Celeron Dを搭載したWindows XPのデスクトップPCが格段に高く、Windows 7搭載の2010年モデルのおよそ2倍。ノートも2006年モデルと2010年モデルで約2倍の差がある。
[画像のクリックで拡大表示]

使っていないときはスリープにすべきか、シャットダウンにすべきか。シャットダウンと再起動は電源を切っている間の消費電力は微々たるものだが、終了と起動で電力を消費する。スリープは処理では電力が少ないが待機電力は電源オフより多い。
使っていないときはスリープにすべきか、シャットダウンにすべきか。シャットダウンと再起動は電源を切っている間の消費電力は微々たるものだが、終了と起動で電力を消費する。スリープは処理では電力が少ないが待機電力は電源オフより多い。
[画像のクリックで拡大表示]

積算電力量の違い。単位はWs(ワット秒)。どれも起動時の電力量は高い。
積算電力量の違い。単位はWs(ワット秒)。どれも起動時の電力量は高い。
[画像のクリックで拡大表示]

結果のまとめ。Windows XP搭載ノートだけが飛び抜けて短いが、ほかは1時間20分から1時間50分。Windows 7搭載PCを使っている場合、1時間50分以上使わないならシャットダウンした方が消費電力が少ないとした。ちなみに「休止」は終了/起動に近い消費電力になるという。
結果のまとめ。Windows XP搭載ノートだけが飛び抜けて短いが、ほかは1時間20分から1時間50分。Windows 7搭載PCを使っている場合、1時間50分以上使わないならシャットダウンした方が消費電力が少ないとした。ちなみに「休止」は終了/起動に近い消費電力になるという。
[画像のクリックで拡大表示]

最も節電に効果が高いのはディスプレイの電力を抑えること。グラフは各PCで輝度を100%から徐々に落としていったときのシステム全体の消費電力。見やすさと消費電力の兼ね合いから、輝度は40%程度がよいとした。もっともこの結果は、テストした6モデルから得た値。パーツの構成によってはバランスの良い輝度が変わる可能性はもちろんある。
最も節電に効果が高いのはディスプレイの電力を抑えること。グラフは各PCで輝度を100%から徐々に落としていったときのシステム全体の消費電力。見やすさと消費電力の兼ね合いから、輝度は40%程度がよいとした。もっともこの結果は、テストした6モデルから得た値。パーツの構成によってはバランスの良い輝度が変わる可能性はもちろんある。
[画像のクリックで拡大表示]

PCを起動してWebブラウザーを使用、一時中断して再度Webブラウザーを使い、終了するという流れにおいて、電力設定を見直したり、積極的にスリープにしたときの消費電力の違い。
PCを起動してWebブラウザーを使用、一時中断して再度Webブラウザーを使い、終了するという流れにおいて、電力設定を見直したり、積極的にスリープにしたときの消費電力の違い。
[画像のクリックで拡大表示]

節電を意識した設定や使い方にすると、何も考えずに使っているときより50%前後消費電力を下げられるとした。
節電を意識した設定や使い方にすると、何も考えずに使っているときより50%前後消費電力を下げられるとした。
[画像のクリックで拡大表示]

東京電力管内にある全てのPCを推奨の節電設定にしたときに抑えられる電力を試算した。さまざまな仮定に基づく値だ。
東京電力管内にある全てのPCを推奨の節電設定にしたときに抑えられる電力を試算した。さまざまな仮定に基づく値だ。
[画像のクリックで拡大表示]

「節電Tips」として、細かなノウハウを紹介した。一つひとつは微々たる電力量だが、多くの人が節電を心がけて使えば効果はある。
「節電Tips」として、細かなノウハウを紹介した。一つひとつは微々たる電力量だが、多くの人が節電を心がけて使えば効果はある。
[画像のクリックで拡大表示]

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
日経電子版セット今なら2カ月無料