PR

 三菱電機は、倍速補間機能とIPSパネルを搭載した23型フルHD液晶ディスプレイ「RDT233WX-Z(BK)」を6月29日発売する。大型液晶テレビで採用する技術をPC用ディスプレイに搭載し、動きの速い映像をなめらかに再生できる。価格はオープンで、実勢価格は5万4800円前後。

 昨年6月に発売したTN方式液晶パネルの23型フルHDモデル「RDT232WM-Z(BK)」の後継機種。120Hz駆動の倍速補間機能をIPS液晶パネルに組み合わせた。一般的な毎秒60コマの2倍にあたる毎秒120コマで表示し、残像感を低減させる。

 自社開発の画像処理専用LSI「ギガクリア・エンジンII」を搭載し、自然な解像感でクッキリとした高画質映像を表示する。ちらつきの発生を自動検知して抑える「超解像技術」を備え、付属ソフトで、指定した画面の任意のエリアだけに適用することもできる。

 解像度は1920×1080ドット。白色LEDバックライトを搭載し、輝度は350cd/平方メートル、コントラスト比は900対1(CRO動作時5000対1)、応答速度は5ms、視野角は上下・左右とも178度。入力端子は、DVI-D(HDCP対応)、ミニD-Sub 15ピン、D5を各1系統、HDMIを2系統備える。左右各3Wのステレオスピーカーを内蔵する。