PR

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は2011年6月17日、同社ノートパソコンの生産拠点の一部を、国内に移すことを明らかにした。2011年8月に、東京の昭島工場で生産を開始する。

 同社では、デスクトップパソコン、ワークステーション、サーバー製品については昭島工場でも生産しているが、ノートパソコンについては海外の工場でのみ生産している。

 今回同社では、2011年8月を目標に、法人向けノートパソコンの生産を昭島工場に一部移転することを明らかにした。ユーザーの要望に合わせて仕様や構成を作り込む注文仕様生産(CTO)方式で提供する。生産拠点を国内に移すことで、これまで10営業日だった納期を5営業日に短縮できるという。

 当初国内で生産するのは、法人向けのノートパソコン2機種。15.6型液晶を搭載した「HP ProBook 6560b Notebook PC シリーズ」と、今後発売を予定している12.5型液晶搭載ノートパソコンである。これら以外の法人向けノートパソコンや個人向けノートパソコンについても、順次、国内での生産を開始するとしている。