PR

 日本マイクロソフトは2011年8月2日、新しいタッチセンサーを搭載したマウス2製品を発表した。Windows 7用で、マルチタッチ操作に対応する「TOUCH MOUSE」と、タッチセンサーによるスクロールボタンを搭載した「Explorer Touch Mouse」。前者は7980円、後者は4935円で、いずれも9月2日に発売する。

 Explorer Touch Mouseは、中央に平らなボタンが付いていて、これがスクロール用のタッチセンサーとなっているマウスだ。ここを上下になぞれば縦横のスクロール、左右になぞれば左右のスクロールもできる。ボタンとして利用する場合は、前後と中央の3カ所をクリックでき、合計で5つのボタンを備えたマウスとして利用できる。ブラック/グレー/レッド/テラコッタの4色を用意する。

 一方、今回の目玉となるのがTOUCH MOUSEだ。従来のマウスのように左右に分かれたボタンや中央のスクロールホイールなどを備えず、前半分がタッチセンサーになっているマウスだ。そこを指でなぞることで、さまざまな操作を実現するのが特徴。2009年にマイクロソフトが発表した次世代マウスのコンセプト「Mouse 2.0」のうち、静電容量センサーを使って複数の指の動きを検出する「Cap mouse」を具現化した最初の製品となる。タッチ操作の内容は、1本指、2本指、3本指と指の数によって変わる。

 1本指をマウスの中央で上下左右に滑らせると、画面を上下左右にスクロールできる。素早く指を滑らせると、スクロールも速くなる。またマウスの側面で親指を滑らせると、進む/戻るの操作ができ、Webブラウザーやフォトビューワーなどで利用できる。

 2本指を同時に上下に滑らせると、ウインドウの最大化/最小化の操作ができる。同様に、2本指を同時に左右に滑らせると、画面の左側/右側の半分にウインドウを配置する「Aeroスナップ」の操作を実現できる。

 3本指を同時に上下滑らせると、そのとき開いている全てのウインドウをサムネイル表示したり、デスクトップの表示をしたりできる。このサムネイル表示の機能は、Windows 7がもともと備えていない付加機能だ。

 通常のクリック操作は、一般的なマウスと同様に先端の左右を押せば行える。左右に分かれたボタンはないが、クリックするとマウス全体がカチっとわずかに沈み込み、クリック操作として認識される。

 同製品の開発に当たっては、マイクロソフトの研究部門であるマイクロソフトリサーチがさまざまな研究を重ねてきたという。大きな課題となったのは、表面に配置した静電容量センサーの数や配置の仕方。数を増やせば検出精度は増すが、消費電力やデータ処理の負荷が高まるからだ。また長い指/短い指、太い指/細い指といった人によって異なる指の動きをいかに正しく検出させるかも研究。さらに、指でなぞる操作でマウスが動いてしまっては誤動作につながるので、適度な重さを維持しつつ、使っていて疲れないように軽量化した。こうしたさまざまな課題を克服して最適化した製品が、今回のTOUCH MOUSEというわけだ。

 発表会で挨拶した同社執行役 コンシューマー&パートナーグループ リテールビジネス統括本部長の五十嵐章氏は、「マウスやユーザーインタフェースについては、非常にこだわりを持ってやっている。OSの機能も充実してきているので、なるべく少ない動きやタッチ操作で最大限の操作ができることを主眼に考えた。今後もあっと言わせるような便利な製品をどんどん実現していきたい」とマウス製品に取り組む意気込みを語った。

 また同社Windows本部 エグゼクティブ プロダクト マネージャーの森洋孝氏は、「この新年度から、米本社のキーボード・マウスなどハードウエアの開発部門は、Windowsの部門と統合された。今後は両者が一体となり、Windowsの機能をより簡単に使いやすくする製品を開発していく」と、OSを手掛けるマイクロソフトならではのマウス開発を進めていくとした。