PR

 米アドビシステムズは2011年8月9日、「Flash Player」に多数の脆弱性が見つかったことを明らかにした。悪質なファイルやWebページを開くだけで被害に遭う恐れがある。対策は、同日公開された最新版(セキュリティアップデート)に更新すること。

 今回報告された脆弱性は13件。いずれについても、悪用されると「コード実行(code execution)」を許す恐れがある。具体的には、細工が施されたFlashファイルを開くだけで、ウイルスなどを実行される危険性がある。そういったファイルが仕込まれたWebページを、Webブラウザーで開くだけでも被害に遭う恐れがある。ただし同社によれば、今回の脆弱性を悪用した攻撃は確認されていないという。

 影響を受けるのは、Windows/Mac/Linux/Solaris版のバージョン10.3.181.36およびそれ以前、Android版のバージョン10.3.185.25およびそれ以前。

 対策は、脆弱性を修正した最新版をインストールすること。Windows/Mac/Linux/Solaris版の最新バージョンは10.3.183.5、Android版の最新バージョンは10.3.186.3。

 最新版は、同社のダウンロードページから入手できる。Windows版については、パソコンの起動時などに表示されるアップデートダイアログからも最新版をインストールできる。

 現在インストールされているFlash Playerのバージョンは「Adobe Flash Player」ページにアクセスすれば確認できる。Webブラウザーによって、インストールされているFlash Playerは異なる。このため、複数のWebブラウザーを使っている場合には、Flash Playerをそれぞれバージョンアップする必要がある。