PR

 朝日新聞社は2011年8月10日、100万点の書籍の検索ができる書籍情報サイト「ブック・アサヒ・コム」を開設した。紙の書籍と電子書籍の両方の横断検索に対応し、簡単に購入サイトに進める。

 紙の書籍のほか、複数の電子書店からの横断検索に対応。朝日新聞の書評や書籍コラム2万点も収録した。サイトの開発には、専門検索の開発を手がけるソケッツが協力した。

 好きな本を登録する「マイ本棚」機能を搭載し、各書籍の5段階評価やレビューを書き込める。他のユーザーとの共有できるソーシャル機能を備える。ソーシャル機能の利用にはFacebookやTwitter、同社の認証サービス「Jpass」のいずれかのアカウントが必要。

 連携する書店は、電子書籍が「電子書店パピレス」「eBookJapan」「電子文庫パブリ」。紙の書籍が「Amazon.co.jp」「セブンネットショッピング」「楽天ブックス」「紀伊國屋書店 BookWeb」。対応書店は今後拡大していく予定。